ビジネスパーソン意識調査『仕事帰りの外飲み事情2012』
PICK UP
  • “飲みニケーション”はいまだ健在!? 約6割が「職場の飲み会は必要」
  • 仕事帰りの外飲みは、職場の同僚・上司とコミュニケーション作り
  • 19時スタート、まずはビールで乾杯、割り勘で一人3,000円、2時間飲んで一次会で解散

株式会社インテージは、ビジネスパーソン意識調査『仕事帰りの外飲み事情2012』に関して調査を実施しました。本調査は、2012年8月7日~8月10日、インテージ・ネットモニター“キューモニター”のうち20~59才のビジネスパーソン男女800名(京浜/東京・埼玉・千葉・神奈川)を対象として、最近3ヵ月の仕事帰りの外飲み状況に関してインターネット調査を行い、結果をまとめました。また、2010年(7月)、2011年(7月)に行った同調査と比較し、ビジネスパーソンの外飲み状況の変化を考察しました。

調査概要
調査方法
インターネット調査
調査地域
京浜(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)
調査対象者
インテージ・ネットモニター“キューモニター” 20~59才男女ビジネスパーソン
サンプル構成
男性400名、女性400名
調査期間
2012年8月7日(火)~8月10日(金)
調査実施機関
株式会社インテージ
調査結果

1. 最近3ヵ月間で、仕事帰りの外飲みに行った人は67.1%。20代が最も多い

最近3ヵ月の仕事帰りの外飲み状況は、全体の67.1%は飲みに行っており、最も多いのは男性20代で81.0%、次いで女性20代75.0%。
外飲みの頻度は、「2~3ヵ月に1回くらい」が最も多く20.9%。次いで「1ヵ月に1回くらい」15.6%、「2~3週間に1回くらい」12.0%、「週1日くらい」11.0%となった。
また、全体の32.9%は飲みに「行っていない」と回答。特に女性30~50代の割合が高い。
ビジネスパーソンの仕事帰りの外飲み頻度は、2010年から減少のまま推移。
Q1.
最近3ヵ月間、あなたはどのくらいの頻度で会社の同僚や友人など(1人の場合も含む)とプライベートで仕事帰りに飲酒をしましたか。(回答は1つ)
※会社の歓送迎会などの行事や接待は除いてお答えください。
※飲酒しない方は、一緒に行った方が飲酒している場合をお答えください。



[図1]
2010年・2011年・2012年飲酒頻度の比較

2. 仕事帰りの外飲みは、19時台スタートが約5割

外飲みのスタート時間は「19時台」が最も多く49.2%。次いで「18時台」34.1%、「20時台」15.3%。
性・年代での大きな差は見られないが、女性20代・30代はスタート時間が遅い傾向で、他の年代に比べ「20時台」の割合が高い。
Q2.
最近3ヵ月間、仕事帰りの飲酒のスタート時間は、何時頃が多かったですか。(回答はいくつでも)
【ベース:最近3ヵ月に1回以上仕事帰りに飲酒した人】



3. 飲酒時間は2時間(45.4%)~3時間(40.6%)

1回当たりの飲酒時間は、「2時間くらい」が最多で45.4%、次いで「3時間くらい」40.6%。
性・年代別でみると、男性30代・40代は「2時間くらい」「3時間くらい」が4割強でほぼ同率。女性30代・40代では「3時間くらい」がそれぞれ45.0%、45.9%と最も多く、さらに女性30代の「4時間くらい」は男性の倍近い。 それ以外の性・年代では「2時間くらい」が最多となっている。
2011年調査との比較では、飲酒時間は減少傾向。
Q3.
最近3ヵ月間、仕事帰りに飲酒している時間は、一回当たり何時間くらいが多かったですか。(回答はいくつでも)
【ベース:最近3ヵ月に1回以上仕事帰りに飲酒した人】





4. 飲みに行く目的は「コミュニケーション」が54.9%

外飲みの目的・理由で最も多いのは「コミュニケーションをとりたかったから」54.9%。次いで「つきあいで、誘われたから」46.9%、「会話、話を楽しみたかったから」40.2%。
性・年代別でみると、女性20代は「つきあいで、誘われたから」が最も多く70.7%を占める。また、女性20代の目的・理由は分散傾向で、「お酒を飲みたかったから」30.7%や「暇だったから」13.3%が他の性年代に比べ高い。
Q4.
最近3ヵ月間、あなたはどのような目的・理由で仕事帰りの飲酒をしましたか。次の中からあてはまるものをすべてお答えください。(回答はいくつでも)
【ベース:最近3ヵ月に1回以上仕事帰りに飲酒した人】



5. 飲みに行く相手は、職場の同僚・上司

仕事帰りに飲む相手のトップ3は、「職場の同僚(同性、異性問わず)」が最多で56.1%、次いで「職場の同僚(同性のみ)」33.3%、「職場の上司」32.6%となり、職場の延長で飲みに行く人が多い。
Q5.
最近3ヵ月間、仕事帰りの飲酒はどなたと一緒でしたか。次の中からあてはまるものをすべてお答えください。
【ベース:最近3ヵ月に1回以上仕事帰りに飲酒した人】

6. “まずはビール”派が64.1%

最初の一杯に飲むのは、圧倒的に「ビール、発泡酒、第三のビール」が多く64.1%。男女別でみると、男性は8割近くが“まずは”「ビール、発泡酒、第三のビール」。
一方、女性は男性に比べて一杯目に「サワー、酎ハイ」「カクテル」「ソフトドリンク」などさまざまな飲み物を注文する傾向がある。
Q6.
最近3ヵ月間、あなたは仕事帰りの飲酒で、最初の一杯目に何を注文することが多かったですか。(回答は1つ)
【ベース:最近3ヵ月に1回以上仕事帰りに飲酒した人】



7. 1回の飲み代は3,000円(45.1%)

1回(一軒)当たりに支払った飲み代は、「3,000円程度」が最も多く45.1%。次いで「4,000円程度」27.0%、「5,000円程度」17.1%となった。
性・年代の比較では、「2,000円程度」は女性50代(12.5%)、「5,000円程度」は男性50代(30.8%)が高い。2010年から飲み代は年々減少傾向。
Q7.
最近3ヵ月間、仕事帰りの飲酒の一回一人当たりの平均予算(2軒以上行った場合は1軒目)はだいたいどれくらいでしたか。(回答は1つ)
【ベース:最近3ヵ月に1回以上仕事帰りに飲酒した人】



[図7]
2010年・2011年・2012年の予算比較

8. 外飲みのパターンは、「一次会で帰るようになった」(47.9%)、「上下関係なく割り勘にすることが多くなった」(32.4%)が2011年より上昇

外飲みのパターンを聞いたところ、2011年との比較では「一次会で帰るようになった」35.7%→47.9%、「上下関係なく割り勘にする事が多くなった」21.3%→32.4%と増加の幅が大きく、特に男女50代での増加率が高い。
Q8.
最近3ヵ月間のあなたの仕事帰りの飲酒は、次のようなパターンにあてはまりますか。それぞれお答えください。(回答は横の行ごとに1つずつ)
【ベース:最近3ヵ月に1回以上仕事帰りに飲酒した人】



[図8-1]
2010年・2011年・2012年の比較・・・「一次会で帰るようになった」

[図8-2]
2010年・2011年・2012年の比較・・・「上下関係無く割り勘にすることが多くなった」

9. 約6割が “職場の飲み会は必要”だと思っている

職場の飲み会は58.9%が「必要だと思う」と回答。男性の全年代と女性20代は6割以上が「必要」と思っているが、女性30~50代は5割以上が「必要だと思わない」。
Q9.
あなたは、職場の飲み会は必要だと思いますか。(回答は1つ)

10.20代の男女は3割以上が上司からの誘いを断れない

職場上司からの仕事帰りの飲酒の誘いに関しては、81.9%が「断ることができる」と回答。
最も「断ることができる」のは50代女性91.0%。20代男女の3割以上は「断ることができない」。
Q10.
あなたは、職場の上司からの仕事帰りの飲酒の誘いを断ることができますか。(回答は1つ)

ページTOPへ

転載・引用について

本レポートの著作権は、株式会社インテージが保有します。本レポートの内容を転載・引用する場合には、出所として弊社名(株式会社インテージ)、調査名称および調査時期を明記してくご利用ください。

ex)
インテージ ビジネスパーソン意識調査『男性の美容意識』 2015年2月調査
株式会社インテージのビジネスパーソン意識調査『男性の美容意識』(2015年2月調査)によると・・

【転載・引用に関する注意事項】
 以下の行為は禁止いたします。
・本レポートの一部または全部を改変すること
・本レポートの一部または全部を販売・出版すること
・出所を明記せずに転載・引用を行うこと
・公序良俗に反する利用や違法行為につながる可能性がある利用を行うこと

※転載・引用されたことにより、利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。
※この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません。

本調査に関するお問い合わせはこちらまで
お問い合わせ

株式会社インテージ 広報担当
TEL:03-5294-6000 FAX:03-5294-8358

ネットリサーチや市場調査など、
弊社サービスについてのお問い合わせはこちらまで
お問い合わせ

調査会社概要

【株式会社インテージ】 http://www.intage.co.jp/
株式会社インテージは、インテージグループ各社とともに、リサーチノウハウ、データ解析力、システム化技術と、これらに基づく情報評価力をコア・コンピタンスとして、経営およびマーケティング上の意思決定に役立つ情報(Intelligence)を提供。生活者とお客様を「情報」でつなぎ、お客様のビジネスの成功に貢献することによって、その先の生活者の暮らしを豊かにすることを目指します。

Page Top
Copyright © 2014 INTAGE Inc. All Rights Reserved.

株式会社インテージ