ビジネスパーソン意識調査『男性の美容意識』
PICK UP
  • 約4割の人が、自分は「実年齢より若く、年下に見える」と思っている
  • スキンケア・ヘアケアに関心がある人は57.3%
  • スキンケア・ヘアケア商品の購入する際、47.1%は男性用であることにこだわらない
  • 商品選びで最も重視するポイントは、「効果があること」

株式会社インテージは、ビジネスパーソン意識調査『男性の美容意識』を実施しました。本調査は、2015年2月25日〜2月27日、インテージ・ネットモニター“キューモニター”のうち20〜59才のビジネスパーソン男性800名(京浜/東京・埼玉・千葉・神奈川)を対象として、自身の美容に対する意識に関してインターネット調査を行い、結果をまとめました。


調査概要
調査方法
インターネット調査
調査地域
京浜(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)
調査対象者
インテージ・ネットモニター“キューモニター” 20~59才男性ビジネスパーソン
サンプル構成
男性年代別
調査期間
2015年2月25日(水)~2月27日(金)
調査実施機関
株式会社インテージ
分析者
日野 芳広(FMCG事業本部カスタマーサービス3部)
調査結果

調査結果の総括

インテージSRIのデータによると、男性用化粧品の「スキンケア」カテゴリーは、ここ3年市場規模が拡大している。
スキンケアに限らず、近年男性の美容に関する市場はエイジターゲット商品を中心に様々な商品が投入されており、今回の調査でも男性自身のスキンケア、ヘアケアへの関心は半数以上が“関心がある”結果となった。
外見や肌については「白髪」や「薄毛」といった頭髪関連と並んで、「乾燥・かさつき」「テカリ・べたつき」といった肌質に関しても意識が向いていることがわかった。

しかし、意識しているとはいえ、「白髪」のように現状のままを許容しやすい事柄(悩み)については「対処の必要がない」という判断になり、“ケア”にまで到達していないことが多い。また、「テカリ・べたつき」のような肌の悩みについては、「対処方法がわからない」という理由から対処まで至っていないのが現状である。

商品選択時の重視項目は、「効果があること」「自分の肌に合っていること」が高く、「口コミ評価が高いこと」などはスコアが低かった。このことから、男性の美容関連の購買行動は「(使用体験含めた)自分なりの満足感」で判断されることが多く、口コミ等から情報探索する行動自体は少ないと考えられる。この点は、スキンケアに対する女性の意識・行動との違いが大きく、マーケティングアクションの際は留意すべき点である。

今後、“「美容」に関心はあるが、情報感度がそれほど高くない”男性ビジネスパーソンを取り込むためには、男性が感じている美容に関する悩み・不満に対して、いかに「自分向き」であり、「効果がありそう」と思わせるかが、マーケティングアクションのキーになると考えられる。

調査結果の詳細

1.自分の見た目年齢は、約4割が「実年齢より若く、年下に見える」と
思っている

自分の見た目年齢をどう思っているか聞いたところ、「実年齢より若く、年下に見える」と回答した人が最も多く約4割(39.9%)。次いで、「実際の年齢相応に見える」は27.5%、「実年齢より老けて、年上に見える」は16.6%となった。
年代別でみても、どの年代も「実年齢より若く、年下に見える」と回答した割合が高い。

Q1
現在のあなたの見た目年齢は、実際の年齢とどのくらい差異があると思いますか。
(回答は1つ)
[図1-1]
自分の見た目の年齢


[表1]
自分の見た目の年齢(詳細)


[図1-2]
自分の見た目の年齢(年代別)


2.スキンケア・ヘアケアに関心がある人は57.3%

スキンケア・ヘアケアに“関心がある”人は、57.3%(「ある」15.9%+「どちらかといえばある」41.4%)。
年代別では、若くなるに従い関心がある割合が高く、20代では64.5%が“関心がある”と回答。

Q2
あなたはご自身のスキンケア、ヘアケアに関心がありますか。(回答は1つ)
[図2]
スキンケア・ヘアケアへの関心


[表2]
スキンケア・ヘアケアへの関心(年代別)


3.外見・お肌で気になっているのは、「白髪」、「乾燥・かさつき」、
「テカリ・べたつき」

男性が自分の外見・お肌で気になっていることのトップ5は、「白髪」(24.5%)、「乾燥・かさつき」(23.1%)、「テカリ・べたつき」(21.3%)、「薄毛」(19.5%)、「肌のハリ・たるみ」(19.0%)となった。一方、「特にない」と回答した人も23.1%いた。
年代別でみると、20代は「ニキビ・吹き出物」が38.5%で最も多い。30代、40代、50代は「白髪」(28.5%、29.5%、34.5%)が最多であった。


Q3
あなたがご自身の外見・お肌について、気になっていることを全てお答えください。(回答はいくつでも)
[表3-1]
外見・肌について気になること


[表3-2]
外見・肌について気になること(年代別)


4.外見・お肌で気になっていることはあるが、何ら対処をしていない人が多い

外見・お肌で気になっていることへの対処は、ほとんどの項目で『対処していない』割合が高い。唯一、「乾燥・かさつき」だけは『対処している』割合の方が高く62.7%が対処している。


Q4
Q3でお答えになったことに対して、あなたは何らかの対処をしていますか。
(回答は1つ)
【ベース:Q3で気になっていることを回答した人】

[図4]
気になっていることへの対処の有無


5.対処していない理由の多くは「対処方法がわからない」から

気になっていることに『対処していない』と回答した人の理由を聞いたところ、多くの項目で「対処方法がわからないから」と回答した割合が高い。
気になっていることトップ5の、『対処していない』理由として最も多いのは以下の通り。

Q5
対処していない理由として、最もお気持ちに近いものをお答えください。(各項目で回答は1つ)
[表5-1]
気になっていることトップ5の『対処していない』理由


[表5-2]
気になっていることを対処していない理由


6.日頃のお手入れで使用しているのは、「洗顔料」、「化粧水」、
「スタイリング剤」

日頃のお手入れで使用しているヘアケア・スキンケア商品で最も多いのは、「洗顔料」(46.4%)で5割近くが使用している。次いで、「化粧水」(25.8%)、「スタイリング剤」(23.3%)、「乳液・クリームなど」(22.9%)、「リップクリーム」(21.4%)であった。
一方、なにも「使用している商品はない」人は25.6%。
年代別での使用率に差が大きいのは「化粧水」で、若い年代ほど割合が高く、20代では40.5%が使用している。男性のスキンケアでも「化粧水」は必需品となりつつあるのだろうか。

Q6
あなたがスキンケア・ヘアケアに使用している商品を全てお答えください。(回答はいくつでも)
[表6-1]
スキンケア・ヘアケアで使用している商品


[表6-2]
スキンケア・ヘアケアで使用している商品(年代別)


7.47.1%の人は男性用商品にこだわらない。
しかし、20代ほど男性用にこだわる人が多い

スキンケア・ヘアケア商品を自分で購入する際、『男性用にこだわる人』は52.9%(「こだわる」13.8%+「どちらかというとこだわる」39.1%)。
一方、『男性用にこだわらない人』は47.1%(「こだわらない」14.9%+「どちらかというとこだわらない」32.2%)で、“こだわる派”が若干多い。
年代別でみると、最も男性用にこだわる年代は20代で58.3%となった。

Q7
あなたがご自身のスキンケア・ヘアケアための商品を選ぶ際は、「男性用」であることにこだわりますか。(回答は1つ)
※以降はQ6で使用している商品の購入に関して、1つでも“自分で購入”(「自分で購入することが多い」+「自分で購入することもある」)と回答した550人を対象に聞きました。
[図7]
スキンケア・ヘアケア商品は「男性用」にこだわるか


[表7]
スキンケア・ヘアケア商品は「男性用」にこだわるか(年代別)


8.商品選びで最も重視するポイントは、「効果があること」

商品を選ぶ際に最も重視するポイントは「効果があること」で59.8%。次いで、「自分の肌に合っていること」(52.2%)、「価格が安いこと」(40.2%)、「信頼しているブランド、あるいはメーカーであること」(32.5%)の順となった。

Q8
あなたがご自身のスキンケア・ヘアケアの商品を選ぶ際に、重視することをお答えください。(回答はいくつでも)
[図8]
スキンケア・ヘアケアの商品を選ぶ際に重視すること


ページTOPへ

転載・引用について

本レポートの著作権は、株式会社インテージが保有します。本レポートの内容を転載・引用する場合には、出所として弊社名(株式会社インテージ)、調査名称および調査時期を明記してくご利用ください。

ex)
インテージ ビジネスパーソン意識調査『男性の美容意識』 2015年2月調査
株式会社インテージのビジネスパーソン意識調査『男性の美容意識』(2015年2月調査)によると・・

【転載・引用に関する注意事項】
 以下の行為は禁止いたします。
・本レポートの一部または全部を改変すること
・本レポートの一部または全部を販売・出版すること
・出所を明記せずに転載・引用を行うこと
・公序良俗に反する利用や違法行為につながる可能性がある利用を行うこと

※転載・引用されたことにより、利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。
※この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません。

本調査に関するお問い合わせはこちらまで
お問い合わせ

株式会社インテージ 広報担当
TEL:03-5294-6000 FAX:03-5294-8358

ネットリサーチや市場調査など、
弊社サービスについてのお問い合わせはこちらまで
お問い合わせ

調査会社概要

【株式会社インテージ】 http://www.intage.co.jp/
株式会社インテージは、インテージグループ各社とともに、リサーチノウハウ、データ解析力、システム化技術と、これらに基づく情報評価力をコア・コンピタンスとして、経営およびマーケティング上の意思決定に役立つ情報(Intelligence)を提供。生活者とお客様を「情報」でつなぎ、お客様のビジネスの成功に貢献することによって、その先の生活者の暮らしを豊かにすることを目指します。

Page Top
Copyright © 2014 INTAGE Inc. All Rights Reserved.

株式会社インテージ