アジアインサイトレポート第16弾『アジア3都市のメディア接触時間』
PICK UP
  • メディア接触時間は、全体的にはテレビが長く、次いでモバイル
  • ホーチミンではモバイルによるメディア接触時間が急増
  • ジャカルタだけはテレビの伸びが顕著

株式会社インテージは、アジアの人々の意識や行動を探るため、インテージグループ各社と協力し、アジア地域の人々を対象にさまざまなテーマで実施した自主企画調査をもとにした「アジアインサイトレポート」を発行しています。第16弾のレポートでは、『アジア3都市のメディア接触時間』を発表します。今回は、バンコク(タイ)、ジャカルタ(インドネシア)、ホーチミン(ベトナム)の3都市のメディア接触時間に焦点を当て、インテージの独自調査Asia Insight Research(*1)で明らかになった各都市の違いを分析しました。
 

*1:Asia Insight Researchとは
インテージが海外グループ会社と共同で、毎年実施している自主企画調査です。生活・消費実態から、アジア各都市の消費者の意見、評価、認知を聴取しています。
 
調査概要
調査方法
ランダムロケーションクオータサンプリングによる訪問面接調査
調査時期
2015年6月(前回は2014年7月、前々回は2012年7月)
調査対象者
タイ(バンコク)、インド(デリー)、インドネシア(ジャカルタ)、ベトナム(ホーチミン)各都市に3年以上居住、かつSEC(*3)=A~Dの20~59才1,200名(各都市300名)
調査実施機関
株式会社インテージおよび海外グループ会社
*3:SEC=Social Economic Class 社会階層分類

調査結果

まとめ

アジア各国では、モバイルとりわけスマホの普及が進んでいる。その流れから3都市でも、メディア接触時間がもっとも長いのはテレビ、次いでモバイルの順となった。
特に、ホーチミンは他2都市に比べテレビの接触時間が短いが、女性のモバイルによるメディア接触時間は急増しており、今後はモバイルでのメディア戦争が活発化していくかもしれない。
一方で、バンコク女性の間でテレビは接触時間の減少が目立つものの、ジャカルタ女性の間ではテレビの伸びが顕著であった。

調査結果

1.全体-メディア接触時間(2015):テレビが長く、次いでモバイル

調査結果内訳をみると、メディア接触時間の約半分はテレビ。特に、ジャカルタ(3.2時間)とバンコク(2.7時間)はテレビの接触時間が長い。ホーチミンは他国に比べ、パソコンの接触時間が長い。

[図1]
全体メディア接触時間(2015)  (単位:時間)


2.性別-メディア接触時間(2015):男女別でみると、女性は男性よりテレビの接触時間が長い

調査結果をみると、テレビ以外の一日のメディア接触時間は3都市とも男性が女性を少し上まわるか同等。ただし、テレビに限っては女性の方がどの国も長く、ジャカルタでは女性が3.6時間に対し、男性は2.9時間であった。

[図2]
男女別メディア接触時間(2015)  (単位:時間)


3.経年比較-メディア接触時間(2012-2015)(女性のみ):ジャカルタはテレビ、ホーチミンはモバイルが急増

調査結果(女性のみ)を2012年と比較すると、ジャカルタは、すべての項目において増加しており、中でもテレビ接触は0.8時間増しと突出している。
ここ数年で海外メディアの参入により番組が増えたことや、韓流ブーム、ケーブルTVの料金が安価になってきたことが要因として考えられる。一方でホーチミンは、モバイルの接触時間が0.8時間増しという結果となった。

[図3]
全体メディア接触時間(2012年・2015年比較 ※女性のみ) (単位:時間)


日本と同様、メディアの主流であったテレビに、モバイルが追随する結果となった。モバイルの普及は、消費者が場所を選ばずに情報を取捨選択することを可能とした。普及率は年々上がっており、影響力は今後も強くなるだろう。
アジア各国において、今後は消費者に向けた様々なプラットフォームでのコミュニケーション戦略が不可欠であろう。

ページTOPへ

転載・引用について

本レポートの著作権は、株式会社インテージが保有します。本レポートの内容を転載・引用する場合には、出所として弊社名(株式会社インテージ)、調査名称および調査時期を明記してくご利用ください。

ex)
インテージ ビジネスパーソン意識調査『男性の美容意識』 2015年2月調査
株式会社インテージのビジネスパーソン意識調査『男性の美容意識』(2015年2月調査)によると・・

【転載・引用に関する注意事項】
 以下の行為は禁止いたします。
・本レポートの一部または全部を改変すること
・本レポートの一部または全部を販売・出版すること
・出所を明記せずに転載・引用を行うこと
・公序良俗に反する利用や違法行為につながる可能性がある利用を行うこと

※転載・引用されたことにより、利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。
※この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません。

報道機関からのお問い合わせはこちらまで
お問い合わせ

株式会社インテージ 広報担当
TEL:03-5294-6000 FAX:03-5294-8358

本調査データに関するお問い合わせはこちらまで
お問い合わせ

株式会社インテージホールディングス 海外事業統括室
TEL:03-5294-8304 FAX:03-5294-8318

ネットリサーチや市場調査など、
弊社サービスについてのお問い合わせはこちらまで
お問い合わせ

調査会社概要

【株式会社インテージ】 http://www.intage.co.jp/
株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃)は、「Create Consumer-centric Values 〜お客様企業のマーケティングに寄り添い、共に生活者の幸せを実現する」を事業ビジョンとして掲げ、様々な業界のお客様企業のマーケティングに寄り添うパートナーとして、ともに生活者の幸せに貢献することを目指します。生活者の暮らしや想いを理解するための情報基盤をもって、お客様企業が保有するデータをアクティベーション(活用価値を拡張)することで、生活者視点にたったマーケティングの実現を支援して参ります。

Page Top
Copyright © 2014 INTAGE Inc. All Rights Reserved.

株式会社インテージ