謝辞・参考文献 【レコメンド型チャットボットが導入ブランドに与える影響とそのメカニズムの解明Ⅶ】

この記事では、2019年の関東学生マーケティング大会でリサーチ賞を受賞した論文を紹介します。

目次はこちら


謝辞

最後に、本研究に対し多大なお力添えを頂いた教授をはじめ、先輩方、調査にご協力いただたすべての方々に感謝の辞を申し上げ、この論文の結びとする。

参考文献

ITR 【2018】「ITR Market View:ビジネスチャット市場2018」〈https://www.itr.co.jp/report/marketview/M18001900.html〉(2019年10月13日).

ヤマト運輸株式会社【2018】「LINE宅急便-ヤマト運輸」〈www.kuronekoyamato.co.jp〉(2019年9月25日).

通販新聞【2018】「ユニクロに聞くAI接客アプリ『UNIQLO IQ』の狙いと効果、使われ方は?」〈https://netshop.impress.co.jp/node/5858〉(2019年9月10日).

東急リバブル株式会社、チームラボ株式会社【2018】「「東急リバブル」ホームページに AI チャットボットを導入 ~キャラクター「ブルちゃん」がお客様の不動産探しをお手伝い~」〈https://www.tokyu-fudosan-hd.co.jp/news/pdf/1664.pdf〉(2019年9月10日).

Liz C.Wang, Julie Baker, Judy A.Wagner, and Kirk Wakefield[2007] 「Can a Retail Web Site Be Social?」 A quarterly publication of the American marketing association.

Marketing Research Camp【2018】「人工知能(AI)&ロボット月次定点調査」〈https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000350.000007597.html〉(2019年10月13日).

株式会社野村総合研究所【2017】「2021年までのITロードマップをとりまとめ~新たな顧客
接点としての活用が期待される『チャットボット』~」〈https://www.nri.com/-/media/Corporate/jp/Files/PDF/news/newsrelease/cc/2017/170309_1.pdf〉(2019年10月1日).

Gartner【2018】「Gartner Says 25 Percent of Customer Service Operations Will Use Virtual Customer Assistants by 2020」〈https://prwire.com.au/pdf/gartner-says-25-percent-of-customer-service-operations-will-use-virtual-customer-assistants-by-2020〉(2019年10月19日).

Surya Roca, Jorge Sancho, José García, Álvaro Alesanco [2019]「Microservice chatbot architecture for chronic patient support」 Elsevier BV.

Bernd H. Shcmitt[1999]『Experiential Marketing: How to Get Customers to Sense, Feel, Think, Act, Relate』Free Press.

青木幸弘[2006]『ブランド構築と価値のデザイン』青山マネジメントレビュー no.9, pp.26-35.

J. Josko Brakus, Bernd H. Schmitt, and Lia Zarantonello[2009]『Brand Experience: What Is It? How Is It Measured? Does It Affect Loyalty? 』Journal of Marketing.

Keller,K.L.[1998]『Strategic brand management』Pearson.

Frederick F.Reichheld[2003]『The One Number you Need to Grow』Harvard Business Review.

総務省情報通信政策研究所【2017】「平成 28 年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」〈http://www.soumu.go.jp/main_content/000492877.pdf〉(2019年10月15日).

三浦ふみ・田中洋[2016]『「ブランド経験」概念の意義と展開─ 日本的ブランド経験尺度開発に向けて─』日本マーケティング学会.

公益社団法人日本生産性本部 サービス産業生産性協議会【2015】「JCSI(日本版顧客満足度指数)について」〈https://www.meti.go.jp〉(2019年10月15日).

Katherine B. Hartman, Rosann Spiro[2005]『Recapturing store image in customer-based store equity:A construct conceptualization』Journal of Business Research.

Allaway, A.W., P. Huddleston, J. Whipple, A. E. Ellinger[2011]『Customer-Based Brand Equity, Equity Drivers, and Customer Loyalty in the Supermarket Industry』 Journal of Product & Brand Management.

Sweeney, J. C., Soutar,G.N.[2001] 『Consumer perceived value: The development of a multi item scale』Journal of Retailing.

畑井佐織[2004]『消費者とブランドの関係の構造と測定尺度の開発』日本消費者行動研究学会.

Sujan, M. and J.R. Bettman [1989] 『The Effects of BrandPositioning Strategies on Consumers’Brand and Category Perceptions:Some Insights From Schema Research』Journal of Marketing Research.

Yoo, B., N. Donthu and S. Lee [2000]『An Examination of Selected Marketing Mix Elements and Brand Equity』 Journal of the Academy of Marketing Science.

豊田秀樹[2007]『共分散構造分析[Amous編]-構造方程式モデリング-』東京図書株式会社.

Yi Hsin Lin[2015]『Innovative brand experience's influence on brand equity and brand satisfaction』Journal of Business Research 68 pp.2254–2259.

小島隆矢・山本杏子[2015]『お笑い劇場の利用者行動と顧客満足に関する研究 その3』日本建築学会.

添田昌志・若林直子・陶真裕[2009]『都市圏居住の価値を探る』財団法人ハイライフ研究所.

讃井純一郎・乾正雄[1987]『個人差及び階層性を考慮した住環境評価構想のモデル化:心理学に基づく住環境評価に関する研究(2)』日本建築学会.

前田洋光[2008]『消費者の認知に基づいたBEの構造分析』日本社会心理学会.

博報堂買物研究所【2018】「『選べない買物』の悲劇」〈kaimonoken.jp〉(2019年10月2日).

【目次へ】


本レポートに関するお問い合わせはこちらへお願いいたします。

関連記事