2030年の生活者 【GenZ】 生活行動編

※この記事は2016年11月のリリース記事を再構成したものです

この記事では、「世界で見つけた!マーケティング新潮流」シリーズとして、グローバルでのトレンドやイノベーションを紹介するリサーチ&アドバイザリー・ファーム Stylus (stylus.com)の記事の中から、「今」より1歩、2歩先の生活者やマーケティングを読み解く記事を厳選してお届けします。


2020年の東京オリンピックまであと4年。2020年頃にはVR(バーチャル・リアリティ)やAR(オーグメンティッド・リアリティ)が普及し、エンターテイメントやショッピング経験が大きく変わっていると予想されています。それから更に10年後の2030年 - 生活者は、マーケティングはどのように変わっているのでしょうか。 

Stylusでは3つの主要な世代に注目、各世代のライフスタイルやニーズ、それらに対応する商品やサービスを予測しています。

●Gen Z(’95 – ‘09生まれ/’16現在7-21歳)

ミレニアル(’81 – ‘94生まれ/’16現在22-35歳)
※Generation Yとも呼ばれる世代

ベビーブーマー(’46 – ‘64生まれ/’16現在52-70歳)

「世界で見つけた!マーケティング新潮流」第1回は、Stylusが注目する3つの世代のうち、Gen Zに焦点を当てて、21~35歳となったGen Zの消費行動予測をお届けします。

2030年、デジタル・ネイティブ Gen Zは、自由でフレキシブルな生活を謳歌

デジタル・ネイティブの第1世代であるGenZは、生まれたときからインターネットをはじめとしたテクノロジーの進化の恩恵を受けて育ちました。デジタル、ソーシャル、モバイルを「当たり前」のツールとして使いこなすGen Z。「ミレニアル」の次を見据えて、様々なブランドや企業が彼らの心を掴もうと熱い視線を注いでいます。 

genz.jpg


デジタル・ネイティブであるGen Zにとって、情報、商品、サービスへの簡単・迅速なアクセスは「当たり前」。モバイルやソーシャルの発展により、場所や時間、組織にとらわれることなく働くことが可能になったこの世代は自由を好み、親世代よりもずっと型にはまらないノマドなライフスタイルを求めます。ひとつところに留まらない彼らのライフスタイルに寄り添うには、「利便性」を提供できることがキーとなります。 
そんなGen Zのライフスタイル、ニーズに合った商品やサービスは・・・


●レスポンシブ・デリバリー

ビーコン・テクノロジーとウェアラブルの普及により、生活者の常に変動しているスケジュールに合わせて商品を配達することが可能になります。特に都会生活にマッチしたこのシステムは、配送・物流センターとの連携により、生活者が届けてほしいそのとき・その場所に商品を届けてくれます。

delivery.jpg


●1-Touch 購入

ソーシャル・メディア世代であるGen Zには、慣れ親しんだデジタルのコミュニケーションに組み込めるような、新しい注文・支払システムが求められます。生体認証のパスコードが発展することにより、即時、且つ安全な支払が可能となるでしょう。

1touch.jpg


●プレミアム・サービス

セルフ・サービスと自販機の革新により、健康によく高品質、且つ便利な食品を、手頃な価格でスピーディに手に入れられるようになります。時間とお金をかけずに贅沢を楽しみたい生活者には、一口サイズの高級食品を楽しめるサービスが提供されます。

premium.jpg


●一過的なサステナビリティ

技術革新のおかげで、商品パッケージはさらに環境にやさしくなります。溶けたり食べられたりする素材により、食品包装のごみを削減。また、他の用途に使いまわせるデザインを採用すれば、環境意識の高い層にとっても罪悪感を持たせないパッケージとなります。

sustainability.jpg

●例えばこんなことができたら・・・?

小売ブランドが、生活者の予定表や交通カードの情報にアクセスして、商品のお届けを最適化できるようになったらどうでしょう? 例えば、アフター5の予定が変わったり、帰宅時の電車が遅れたりしたときに、リアルタイムで配達時間の調整をすることができるとしたら・・・?

what.jpg


転載・引用について

本レポートの著作権は、株式会社インテージが保有します。本レポートの内容を転載・引用する場合には、「インテージ調べ」と明記してご利用ください。お問い合わせはこちら

【転載・引用に関する注意事項】
 以下の行為は禁止いたします。
・本レポートの一部または全部を改変すること
・本レポートの一部または全部を販売・出版すること
・出所を明記せずに転載・引用を行うこと
・公序良俗に反する利用や違法行為につながる可能性がある利用を行うこと

※転載・引用されたことにより、利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。
※この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません。

関連記事