日本でも始まるレジ袋有料化 生活者の脱プラ意識は?

日本でも始まるレジ袋有料化 生活者の脱プラ意識は?

2020年7月1日より、全国でプラスチック製買物袋(レジ袋)の有料化が始まります。一部の小売店では、4月から前倒しで有料化をスタートさせたり、「バイオマス素材の配合率が25%以上のもの」は有料化の対象外とされているにも関わらず、基準を上回ってバイオマス素材を使用していても有料とするなど、プラスチック削減に向けて、政府指針よりも積極的に取り組む動きも見られます。

軽量で丈夫、密閉性が高く、これまで我々の生活のさまざまな場面で活躍してきたプラスチックですが、近年では海洋プラスチックごみをはじめとする廃棄の問題など環境へのネガティブなインパクトがあるとして、槍玉にあがっています。再生可能な素材への切り替えや、リサイクルの推進など、さまざまな事業者が対応を打ち出していますが、これまで無料だったものの有料化や値上げなど、生活者への影響がある場合も少なくありません。

そこで、全国20-60代の男女7,803人にアンケートを実施、脱プラすべきプラスチック製品、値上げの許容範囲について聞きました。また、記事後半では、世界での先進的な「脱プラ」事例もご紹介しています。

半数前後が「レジ袋」「使い捨てのスプーン、フォーク」は脱プラを進めるべきと回答

生活者がどういったプラスチック製品の「脱プラ」を進めるべきだと考えているのか、「スーパー・コンビニのレジ袋」「ストロー」「洗剤・シャンプーのボトル」など23の製品について聞いてみました。

最も脱プラ推進派が多かったのは「スーパー・コンビニのレジ袋」で、5割以上が脱プラを推し進めるべきと回答。既に有料化することが決まっているだけに、既定路線として受け入れられているのかもしれません。次いで、「使い捨てのスプーン、フォーク」も4割以上が脱プラを進めるべきと回答しました

脱プラ_製品.png

全体的には、50-60代の女性が多くの商品に対して脱プラを進めるべきと回答する傾向がありました。特に60代女性は「スーパー・コンビニのレジ袋」「使い捨てのスプーン、フォーク」に対しては7割前後が脱プラ派です。60代男性も一部の商品については脱プラ派が多い傾向があります。「弁当容器」「カップ麺・スープの素」は女性よりも脱プラを進めるべきと回答する人が多く見られました。

一方、20-30代の男性は、全体的に脱プラ推進には熱心ではないようです。「肉用食品トレイ」「魚用食品トレイ」などは、自炊をしない場合にはあまり自身とは関係がないとして回答されにくい可能性がありますが、「スーパー・コンビニのレジ袋」「使い捨てのスプーン、フォーク」「ストロー」などについても、脱プラすべきと回答した人が全体よりも10ポイント程度低い傾向が見られました。

「レジ袋」「使い捨てスプーン、フォーク」は半数近くが5円以上の値上げを許容。「洗剤・シャンプーのボトル」は2割近くが10円以上でも可と回答

脱プラしてプラスチックの代替品を使用する場合、原料コストが値上がりし、商品の価格にも影響する可能性がありますが、どのくらいの値上げ幅であれば許容できるのでしょうか。それぞれのプラスチック製品について、脱プラを推し進めるべきと回答した人に、許容できる値上がり幅を聞いてみました。

脱プラ_値上げ幅.png

まず既に有料化が決まっている「スーパー・コンビニのレジ袋」については、半数近くが5円以上の値上がりを許容できると回答しています。「使い捨てスプーン、フォーク」についても同様に、半数近くが5円以上と回答しました。また、使い捨てプラスチックの代表格として槍玉にあがることも多い「ストロー」については、「1-2円」なら許容できると回答した人が1番多く、3人に1人程度でした。5人に1人は「5円」でも許容できると回答しました。

一方、「洗剤・シャンプーのボトル」については、2割近くが10円以上の値上げを許容。今回質問した23のプラスチック製品の中では比較的値段が高く、プラスチック使用量も多いため、値上げに対してやや許容の幅が大きいのかもしれません。

尚、「スーパー・コンビニのレジ袋」「使い捨てスプーン、フォーク」以外の21の製品で、その製品の脱プラを推進すべきと考えているにも関わらず、2割以上が「値上げは許容できない」と回答しています。脱プラを進めるには、メーカーや小売店に努力を求めるだけではなく、生活者側も必要な負担は受け入れるという意識を高めることが重要となりそうです。

世界で進む「脱プラ」 先進事例

「脱プラ」は日本だけではなく世界的な課題となっています。世界の先進的な企業はどのような取り組みを行っているのか、グローバルでのトレンドやイノベーションを紹介するリサーチ&アドバイザリー・ファーム Stylus (stylus.com)から、先進事例をご紹介します。

脱プラ宣言をし、さまざまな工夫をこらすスーパーマーケット

イギリスでは脱プラを推進すべく、スーパーマーケット各社がさまざまな取り組みを行っています。Budgensは、メインストリームのスーパーマーケットとしては初めて、店内にプラスチック非使用ゾーンを設けました。現在では1,700以上の商品が、パルプや紙、金属、ガラス、ブナ材のネットといったサステナブルなパッケージで梱包されて売られています。

脱プラ_小売1.png

また、Waitroseは、Oxford店で量り売りのリフィル・ステーションのテスト運用を行いました。買い物客は、パスタや米、コーヒー、果物、野菜などを持参した容器に詰めて購入します。また、ワインやビール、エコなブランドとして知られているEcoverの洗濯用洗剤なども量り売りで容器に詰めて購入できます。プラスチック非使用の商品の購入を促すために、量り売りの商品は、パッケージされた商品よりも15%価格が低く設定されました。容器を持参してこなかった買い物客は、5ポンドのデポジットを支払って容器をレンタルすることもできます(デポジットは容器の返却時に返金されます)。

別のスーパーマーケットチェーンMorrisonsでも、60の店舗でパッケージされていない果物と野菜を販売するコーナーを設けました。また、魚と肉の売り場では、容器を持参した買い物客にはMorrisons More Pointsのボーナスポイントを付与するサービスもしています。カウンターのスタッフが値札を容器に貼ってくれるので、支払いも簡単です。

脱プラ_小売2.png

メーカーも、脱パッケージ/パッケージ削減に取り組み中

メーカー側も、脱プラに向けてさまざまな工夫をこらしています。これまで液状だった商品を固形にすることで、パッケージを削減したり、パッケージ不要にしたりする例が見られます。本サイトの記事「2020年のマーケティングトレンドは?」、「「サステナブル」な商品、高くても買う?」でもご紹介しているように、日用品・パーソナルケア商品ではリキッドタイプからバータイプへの回帰が見られます。イギリスのLushはミラノ、ベルリン、マンチェスターに、完全にパッケージ・フリーの店舗Nakedを展開、ボトル型の固形シャワージェルやシャワーオイルなどを販売しています。買い物客は、スマートフォンで「裸の」商品をスキャンして商品の情報を確認することができます。

脱プラ_LUSH.png

また、大容量の商品を提供することで、パッケージ削減に取り組む事例も見られます。P&GのTideは、超濃縮処方の液体洗剤を、新しく開発したEco-Boxに入れ、従来よりもプラスチックの使用を60%、水の使用を30%削減しました。また、超濃縮処方にすることで、軽量化にも成功しました。このEco-Boxはワインの紙パック同様の機能を持っていて、安心して輸送できます。イギリスの男性用スキンケアブランドBulldogのシャワージェル、イギリスのコーヒーブランドSolo Coffeeのアイスコーヒーも、同様の考えから大容量の商品を提供しています。

脱プラ_bulk.png
さらに、最終商品だけでなく、輸送の際のプラスチック削減に対応した取り組みも見られます。リトアニアの飲料水のブランドBirstonas Mineral Waterは、リサイクル素材から作られた、リサイクル可能なボトルを最終商品に使用するだけでなく、輸送の際に使われるプラスチック削減にも取り組んでいます。生分解性の丈夫な紐でボトルどうしを結び合わせることで、収縮包装のフィルムの使用を削減しました。これらの取り組みにより、同社は使い捨てプラスチックの使用を90%削減しました。同様に、デンマークのビールメーカーCarlsbergも、6缶を束ねるためのプラスチックのリングを廃止し、生分解性の糊で留めるようにしました。

脱プラ_飲料.png

素材におけるイノベーション

プラスチックに替わる素材として、植物由来の素材、廃棄物の活用などさまざまな方法が検討されています。ミシシッピを拠点とするAlgixはアオコを発生させる恐れのある淡水の藻を、インドネシアのスタートアップEvowareやニューヨークのスタートアップLoliwareは、海藻をベースとした素材を開発しています。

脱プラ_藻.png

また、ロレアルは、グローバルのパッケージ会社Albeaと、植物由来で認証を取得している素材を使った紙ベースの化粧品用チューブを開発しました。イギリスのエシカルスキンケアブランドBybiは、草を材料として作った紙をオンラインストア用の箱として使用しています。草は木よりも成長が早いので、80%エネルギーの使用が少なくなるとのことです。

脱プラ_紙.png

廃棄物をバイオプラスチックの素材として活用しようという取り組みも進んでいます。メキシコのBiofaseは、アボカドの種を活用して、生分解性のスプーンやフォーク、ストローを作っています。また、The Shellworksは、ロンドンのRoyal College of ArtとImperial Collegeの学生と協力して、甲殻類の殻ゴミをリサイクル可能なバイオプラスチックとして活用する研究をしています。

脱プラ_廃棄物.png

プラスチックのリサイクルについても新たな試みが見られます。これまで、複数の素材から作られたパッケージは、異なる成分の分離が難しいため、リサイクルしたくてもできない、といった問題がありました。この問題に対応するため、イギリスのメーカーClifton Packaging Groupは、リサイクルしやすいように1つの素材のみを使用して惣菜用パウチを開発しました。また、アメリカのSC Johnsonが提供するWindex、オーストラリアのヘアケアブランドKevin Murphyは、100%海洋プラスチックから作られているボトルを使用しているとのことです。

脱プラ_リサイクルプラ.png

尚、「土に還る」ことを謳っているバイオプラスチックの素材の中には、「産業用のコンポストの設備があれば」など条件付きの場合も少なくないようです。また、例えば木を素材とする場合には育てるのに時間がかかる、トウモロコシを素材とする場合にはトウモロコシを育てるための土地や資源が必要、といった点も指摘されています。何が本当に環境によい素材なのかについては、まだ議論の余地があるようです。

企業、業界の垣根を超えて課題に取り組む

「サステナビリティ取り組み企業にはどんなイメージを持つようになる?」の結びでご紹介したように、地球規模の課題には、1社だけの力ではなく、ブランドが力を合わせて立ち向かうことが求められます。競合どうしであっても、違う業界の企業・ブランドであっても協力して課題に取り組む動きは世界でいくつも見られます。

その1つがLoopです。ニュージャージーのリサイクル事業者TerraCycleの、容器回収・再利用事業Loopには、食料品や日用品の有名消費財ブランドが多数参加、今後、新しい循環型の取り組みのゲーム・チェンジャーとなる可能性があると言われています。参加しているブランドは、再利用・詰め替え可能な商品を作り、ユーザーはLoopか提携する小売業者のウェブサイトを通じて商品を注文することができます。ユーザーは、再利用可能な手提げ袋the Loop Toteに入れて送られた商品を受け取り、使用後は、空の容器をthe Loop Toteに入れて送り返します。返却された容器は洗浄・パーツの復元といった処理がされ、再び中身を詰めて、次のユーザーに送り出されます。

脱プラ_Loop.jpg

Loopに参加しているブランドは、パッケージデザインにも工夫をこらしています。例えば、Panteneは、シャンプー・コンディショナー用に耐久性の高いアルミニウムのボトルを導入しました。また、AXEは流れるような、ミニマルなデザインのステンレス製パッケージを開発しています。Häagen-Dazsもステンレスの容器でアイスクリームを提供。温度と鮮度を保つだけでなく、開けたときに上からちょうどよい固さに溶けるよう工夫がされているとのことです。

脱プラ_Loopパッケージ.png

Loopは、2019年1月のダボス会議で発表され、同年半ばにはニューヨークとパリで試験運用、後半にはロンドンにも拡大しました。ロンドンでは、Tescoとコラボレーションをして取り組みを行っています。2020年秋には東京でも試験運用が始まる予定です。


本記事の分析に使用した自主企画のインターネット調査の概要は下記のとおりです。

調査地域:日本全国
対象者条件:20-69 歳の男女
標本抽出方法:弊社「キューモニター」より抽出しアンケート配信
ウェイトバック:性年代構成比を、2015年度実施国勢調査データをベースにウェイトバック
標本サイズ:n=7803
調査実施時期: 2019年12月25日~27日

おすすめコンテンツ

認証ラベル・マークがついていたら買いたくなる商品は?~環境や社会に配慮した商品を選ぶ参考に~
「サステナブル」な商品、高くても買う?~「天然由来」「オーガニック」は高くても買うが、「環境に負担をかけない」「廃棄物/ゴミを減らす」は「同じ値段なら」~
「生活者調査から見る、日本のサステナビリティの今(第1回)」



サステナブルな行動実態を2020年1月に調査しました。
調査結果をまとめたレポートはこちらからダウンロードいただけます。

生活者による“サステナブル行動“レポートダウンロード

転載・引用について

◆本レポートの著作権は、株式会社インテージが保有します。
 下記の禁止事項・注意点を確認の上、転載・引用の際は出典を明記ください 。
「出典:「インテージ 知る Gallery」●年●月●日公開記事」

◆禁止事項:
・内容の一部または全部の改変
・内容の一部または全部の販売・出版
・公序良俗に反する利用や違法行為につながる利用
・企業・商品・サービスの宣伝・販促を目的としたパネルデータの転載・引用
・パネルデータ(*)について、当該データ未購入の場合、転載・引用はご遠慮ください
(*パネルデータ:「SRI」「SCI」「SLI」「キッチンダイアリー」「Car-kit」「MAT-kit」「Media Gauge」「i-SSP」など)

◆その他注意点:
・本レポートを利用することにより生じたいかなるトラブル、損失、損害等について、当社は一切の責任を負いません
・この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません

◆転載・引用についてのお問い合わせはこちら

関連記事