RFIDとは?仕組み・バーコードとの違いをわかりやすく解説、活用事例も!

RFIDとは、「タグ」と「読み取り装置」の間で電波の一種である電磁波を交信させて、情報を読み取ったり情報を書き換えたりするシステムです。情報がやり取りされる仕組みや特徴、バーコードとの違いをわかりやすく解説します。活用事例についても紹介しますので、RFIDの基本と最近の活用状況をおさえましょう。

【目次】

RFIDとは

RFIDは、商品や食品などに電子情報(名称、値段、製造年月日などの情報)を入力している「RFタグ」を貼り付け、読み込み装置の「リーダライタ」で電子情報を読み込むシステムです。Radio Frequency Identificationの略称で、日本語では「近距離無線通信を用いた自動認識技術」と訳されます。

RFタグ

RFID_01.png

RFタグは、メモリが内蔵された記憶媒体です。数ミリ程度の大きさですが、メモリには電子情報を入力したり消去したり書き換えたりすることが可能で、これらは電波(電磁波の一種)を用いて行います。RFタグはICタグと呼ばれることもあります。

リーダライタ

RFID_02.png

リーダライタは、RFタグに入力されている電子情報を読み取る機器です。リーダライタをRFタグのほうにかざしてスイッチを押すだけで、読み取り(スキャン)は終了します。

RFIDは、電波を使って情報の保管と引き出しができるシステムです。すでに日常生活に浸透していて、交通機関で使われているSuicaやプリペイド型電子マネー楽天EdyなどもRFIDを利用しています。

RFIDの特徴とバーコードとの違い、問題点

RFIDは情報の「入力」「消去」「書き換え」をすることができますが、具体的にはどのような特徴があるのでしょうか。バーコードの場合と比較しながら、RFIDの優れた点と問題点を見ていきます。

RFIDの仕組みとシステム・バーコードとの違い

RFID_03.png

RFIDの基本的な仕組みは「通信」です。

バッテリー非内蔵の「パッシブ型」RFタグの場合、リーダライタから発信された電波を動力源として、メモリに入っている情報を電子信号にして反射(発信)します。これをリーダライタが受信することで読み取り(スキャン)完了です。さらに情報は上位システムであるパソコンなどに蓄積され、人が閲覧やデータ処理することができます。また、バッテリーが内蔵されている「アクティブ型」の場合は、RFタグ自身から発信される電波をリーダライタが受信することで情報を読み取ります。

一方、古くから使われるバーコードは、バーとスペースの太さによって表された情報を、バーコードリーダの光センサーで読み取る仕組みになっています。

RFIDのメリット

RFIDとバーコードには情報の読み取り方に違いがあります。バーコードと比較してRFIDにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

1)RFタグとの距離が遠くても読み取りが可能

バーコードシステムは通信距離が数センチしかないので、至近距離まで接近させなければ情報を読み取ることができません。しかし、RFタグとリーダライタは数メートルから数十メートル離れていても交信(読み取り)することができます。RFタグを貼り付けた商品を手元に引き寄せることなく情報を読み取ることができるので、作業効率は格段に向上します。

2)複数のRFタグの一括読み取りが可能

バーコードでは、読み取り機に1つひとつかざす必要があります。しかしRFIDなら複数のRFタグを一度にスキャンできます。バーコードが1本の糸に針をつけた釣りだとしたら、RFIDは投網のように複数のRFタグを「一網打尽」にとらえます。

3)RFタグが箱の中にはいったままでも読み取り可能

RFID_04.jpg

ダンボールの中に入っている商品に複数のバーコードがついている場合、ダンボールを開け、商品を1つひとつ取り出して読み取らなければなりません。しかしRFIDなら、ダンボールを開封することなく、ダンボール内の商品に貼られているRFタグを一気に読み取ることができます。

4)タグ表面が汚れていても読み取り可能

スーパーのレジなどでは、まれにバーコードが読み取れないことがあります。バーコードは、バーとスペースの太さを読み取って情報を認識しているので、バーコード部分が汚れると情報が読み取れなくなってしまうのです。RFIDはこの欠点も解消しています。リーダライタはRFタグ内のメモリと交信しているため、RFタグの表面の状態は読み取りに影響を与えないのです。

RFIDを導入する場合の問題点

RFIDには次のような問題点もあります。

  • コストがかかる
  • 金属が通信に影響を与える
  • タグ同士が重なると読み込めなかったり認識スピードが落ちたりすることがある

RFタグは1枚10円以上します。そのため、衣料品など単価が高い商品の場合はコストを吸収しやすいのですが、100円や200円などで売られている食料品など単価が安い商品の場合は、コストが吸収できず経営の負担になってしまいます。

また、RFIDの通信は金属の影響を受けてしまう性質があります。例えばアルミ箔で覆われた商品にRFタグを貼り付けると、リーダライタから発信された電波がアルミ箔で反射されてしまうため、RFタグから発信される弱い電波の受信が妨害され認識率が低下してしまうのです。

さらに、複数の商品をカゴに入れた場合などにRFタグ同士が重なってしまうと、情報を読み取ることができなかったり、認識に時間がかかったりすることがあります。

RFIDは利便性が高いシステムで、将来的には物流や小売で活躍することは間違いないでしょう。しかし現状では弱点もあり、「どの現場でも問題なく使える」状態ではありません。金属対応のタグを利用するなどの対策をすることで活用することもできますが、特にコストとタグ同士の重なりによる読み取りの弱さの問題は早急に解決する必要があると思われます。

RFIDはどんなところで役に立つ?活用事例

小売り業界でのRFIDの活用が進む中、経済産業省は2017年4月、セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソンなどのコンビニ各社とともに、「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を策定しました。宣言の内容は、2025年までにコンビニ各社が取り扱う年間約1,000億個の商品にRFタグをつけ、商品管理を行うというものです。

経産省が考える、日本の小売業界の課題は以下の3つです。

  • 少子化による人手不足
  • 賃金上昇などの労務コストの向上
  • 食品ロスや返品の増大

RFIDによってコンビニ店員の業務量が減れば、人手が少なくて済むため、労務コストを抑制することができます。さらに商品・製品管理が容易になることで、受発注がスムーズにいき、食品ロスや返品の削減につながることが期待されます。

それではRFIDがどのようなシーンで役立っているのか、具体的な事例を見ていきましょう。

POSレジの効率化

購入する商品数が多かったり、レジの担当者が不慣れだったりする場合は、1人の客が会計を済ませるまでにかなりの時間がかかる場合があります。これは客のストレスとなり、「購入を見送る」という選択をする客もいるでしょう。小売店側としては、売上の機会損失につながってしまうため、レジ機器の増設やレジ担当者の増員などの対応をしたいところですが、コストの関係からなかなか動けないのが現状ではないでしょうか。

このような状況で活躍するのがRFIDです。一括スキャンすることによってレジ作業が効率化するため、1人の客にかかる会計時間を削減することができます。

またPOSレジの効率化に関しては、中国で無人コンビニの実証実験が行われています。

【中国】無人コンビニの実証実験

RFID_05.png

中国に無人コンビニが現れました。都市部でのスマホ決済の浸透やAI技術の発展が背景とされていますが、無人化を可能にしたのがRFIDの技術です。

ある無人コンビニは、QRコードをスマホでスキャンして入店をします。買いたい商品を出口手前の無人レジに運ぶとRFタグがスキャンされモニターに支払い金額が表示されます。スマホで支払い手続きをすると出入り口のドアのロックが開き、店から出ることができるようになっています。

中国にはそのほかに、陳列什器ごとに決済をする無人コンビニもあります。認証なしで入店できるため、スマホがなくても自由に入店できるため、店内が荒れている店舗も報告されているようです。万引きや開発コストなど無人店舗ならではの問題点がありますが、今後の展開が期待されます。

在庫管理作業の効率化

RFIDは在庫管理作業を効率化させることもできます。

一般的な棚卸し作業は、1品1品調査しなければならないため、作業する人たちの多くの時間や労力を必要とします。しかしRFIDを使えば、高い場所にある商品も、ダンボールのなかの商品も、リーダライタのスイッチを1回押すだけで確認することが可能です。さらに客がRFタグつきの商品を購入すると、そのまま「1品減った」ことがデータ化されるため、「いまの在庫」が常にリアルタイムで把握でき発注業務もスムーズに進みます。

それでは、在庫管理の効率化に関する日本のアパレル業界での活用事例を紹介します。

【日本】アパレル業界での先進的な活用

アパレルはRFIDの導入に熱心な業界といえます。

ユニクロやGUを展開するファーストリテイリングは、RFIDを先行導入した企業として注目されています。ユニクロは国内外の2,000店舗にRFIDを導入することを決め、GUにも拡大させます。その投資規模は数百億円に達するといわれています。また、23区や組曲を展開するオンワードホールディングスは、全ブランドにRFIDを導入することを決めました。これにより倉庫での検品作業を10分の1に減らすことができるといいます。

アパレル各社がRFIDに注力する背景について日本経済新聞は「ITの力で販売不振を補おうとしている」とみています。

RFIDを導入すると、

  • 在庫管理の作業が効率化する
  • 購買分析が容易になり売れ筋商品を迅速に把握できる
  • 商品開発のスピードが上がる

といった効果が見込まれるからです。

また衣料品は、食料品や化粧品といった日用消費財よりも単価が高いことも導入しやすい理由と考えられます。ちなみにファストファッション世界1位のスペインのZARAもRFIDの導入に積極的です。

参考:アパレルにIT活用の波 オンワードやジーユー、ICタグ導入 在庫管理やレジ効率化(日本経済新聞)

賞味期限・消費期限の管理

RFタグには食品の賞味期限や消費期限のデータを入力することもできます。

従来の在庫管理では商品1つひとつを確認しなければ「商品Aの中で賞味期限が10日のものが●個、15日のものが▲個ある」といった情報は把握できませんでしたが、RFIDを導入すれば手間をかけずに一括で確認が可能です。またすべての商品にRFタグを貼り付ければ、それらの消費期限・賞味期限をパソコン上で把握することができるので、例えば消費期限が迫った商品を一気に特売することもできます。

このようにRFIDを活用することによって小売店側は、賞味期限が近づいた商品を探しやすくなります。さらに適切なタイミングで割引などの対応を行うことで、食品廃棄を減らし利益向上につなげることも期待できるでしょう。

製造小売業での生産から販売まで一括した管理

商品や食品などのメーカーがRFIDを導入すれば、生産から販売まで1個の商品・食品を追跡することができます。つまり、ほぼ完ぺきなトレーサビリティが実現できるわけです。これは異物混入やパッケージ破損などのトラブル発生時に威力を発揮するでしょう。すぐに原因を追究でき、改善に取り組むことができます。責任の所在が明らかになるので、メーカー、卸会社、運送会社、販売会社などの関係各社が無駄なく対策を講じることができます。

RFIDは、小売・流通業界に大きな効率化の波を起こすことが期待されます。企業はこれまで製品を「ロット」で管理するしかありませんでしたが、RFIDによって製品や商品を「1個ごと」に管理・追跡することが可能になるだけでなく、作業員たちの労力を減らすこともできるのです。

バーコードが導入され始めたころ、バーコードの縞模様が美しくないとして、書籍の装丁のデザイン性を落としているという批判が起きました。しかし今では、その利便性から、バーコードを印刷していない商品のほうが珍しくなりました。

RFIDは、そのバーコードを凌駕する利便性が実証されているので、普及することは間違いないでしょう。まだ技術開発やコストダウンを進めなければなりませんが、RFタグを貼り付けていない商品のほうが少ない、という時代が到来するのはそう遠くないかもしれません。

distribution_banner.png

関連記事