Search

キーワードを入力してください

走る目的別にみる『ジョギング・ランニング実態調査』
PICK UP
  • ジョギング・ランニングを行う目的は7つのタイプ
  • 全体の5割以上が「健康管理・体力維持」を目的に
  • 男女とも50代以上の割合が高い
  • 女性20代は「美容・ダイエット」が約4割と最多。他の性年代と傾向が異なる
  • 走るためのグッズ購入に使う年間平均支出金は16,318円

株式会社インテージは、全国のジョギング・ランニング実施者を対象に『ジョギング・ランニングの実態調査』を実施しました。
本調査は、ジョギング・ランニングを行っている人の走る目的・実施状況・グッズの年間支出金額などの実態把握を目的に、2015年4月10日〜4月14日、インテージ・ネットモニター" キューモニター"のうち全国の20〜69才男女2,037名(最近1年以内のジョギング・ランニング・マラソン実施者)を対象にインターネット調査を行い、結果をまとめました。


調査概要
調査方法
インターネット調査
調査地域
全国
調査対象者
インテージ・ネットモニター“キューモニター”のうち、
最近1年以内のジョギング・ランニング・マラソン実施者・20~69才男女個人2,037名
サンプル構成
調査期間
2015年4月10日(金)~4月14日(火)
調査実施機関
株式会社インテージ

調査結果

調査結果のまとめ

ジョギング・ランニングを行う主な目的を聴取し、目的別で分類したところ7つのタイプに分けられた。各目的別に、実施状況・グッズの年間支出金額を分析した結果、以下のことが分かった。


[走る目的の分類]

(1)
「健康管理・体力維持」=健康管理/体力づくり・体力維持
(2)
「美容・ダイエット」=美容・ダイエット
(3)
「ストレス解消・リフレッシュ」=ストレス解消・リフレッシュ
(4)
「自己研鑽」=やりがい・達成感/走ること自体が楽しい/自己満足
(5)
「ファンラン」=家族や仲間と楽しみを共有できる/家族や仲間とのお付き合い/
旅行ができる/手軽に始められる/あまりお金をかけなくてもできる
(6)
「アスリート」=他の競技の練習として/記録の追求(自己記録の更新)
(7)
「その他/特に明確な目的はない」=その他/特に明確な目的はない

ジョギング・ランニングをする主な目的は、「健康管理・体力維持」が最も多く全体の5割以上を占め、男女とも50代以上が多い。
女性20代は「美容・ダイエット」(39.6%)が最多で、他の性年代と傾向が異なる。
男女ともに60代は「美容・ダイエット」の割合が低く、「健康管理・体力維持」の割合が高い。
「ストレス解消・リフレッシュ」と「ファンラン」を目的にしているのは女性の方が高い割合。
「自己研鑽」「アスリート」目的は、男性40代~50代が中心。
ジョギング・ランニングを始めた時期は、『5年以上前』からの経験者が最も多く全体の4割近く。
実施頻度は、全体の半数以上が週1回以上実施。1回当たりの走行距離は1~3km程度と3~5km程度がそれぞれ1/3程度。
グッズ購入のための年間支出金額の平均は16,318円。高い年代ほど支出金額が多い傾向。
ジョギング・ランニングで使用するグッズを選ぶ際に最も重視するのは、シューズ、ウエア、インナー類は「フィット感・肌感覚」、食品・サプリメントは「飲みやすさ・摂取のしやすさ」となった。

[目的別プロフィール]

調査結果の詳細

1. ジョギング・ランニングをする主な目的

ジョギング・ランニングをする主な目的は、「健康管理・体力維持」(51.7%)が最も多く、全体の5割以上を占める。次いで、「美容・ダイエット」(15.5%)、「自己研鑽」(9.7%)の順となった。

男女ともに「健康管理・体力維持」が最も多いが、女性は「美容・ダイエット」の割合が男性より高い。
性年代別でみると、男女ともに60代は他の年代と比べて「美容・ダイエット」の割合が低く、「健康管理・体力維持」の割合が高い。
女性20代は「美容・ダイエット」(39.6%)が最多で、他の性年代と傾向が異なる。


[図1-1]
実施目的<男女別>

[図1-2]
実施目的<性年代別>

2.ジョギング・ランニングの開始時期

ジョギング・ランニングを始めた時期は、『5年以上前』からの経験者が最も多く全体の38.1%。

目的別では、『5年以上前』から実施している経験者の割合が高いのは「アスリート」(57.7%)、「自己研鑽」(48.2%)、「健康管理・体力維持」(39.7%)の順となった。一方、「美容・ダイエット」は始めて『1年以内』が最も多く36.4%。

[図2]
開始時期<目的別>

3.ジョギング・ランニングの実施頻度と1回当たりの走行距離

ジョギング・ランニングの実施頻度と1回当たりの走行距離を目的別でみると、「健康管理・体力維持」は、『週に1回程度、3~5km程度』、「美容・ダイエット」は『月に1回以下、1~3km程度』が最も多い。
「ストレス解消・リフレッシュ」の実施頻度にはバラつきがあり、距離は『3~5km程度』。「アスリート」は週3回以上実施している人(週3回程度+4回程度+5回以上)が43.7%と最も頻度が高く、距離も長い。次いで「自己研鑽」も頻度・距離ともに多い。

[図3]
実施頻度<目的別>

[表3]
1回当たりの走行距離<目的別>

4.グッズ購入の年間支出金額

ジョギング・ランニングをするためのグッズ購入の年間支出金額の平均は16,318円、全体の4割近くが支出『0円』であることから、費用をかけずに気軽に始められるスポーツであることがわかる。

目的別では、支出金額が最も多いのは「アスリート」で45.1%が『3万円以上』支出しており、年間支出金額の平均は33,373円。次に多いのは「自己研鑽」で平均22,859円。

一方、少ないのは「美容・ダイエット」の平均12,856円で41.8%が支出『0円』。また、年代別でみると、高い年代ほど年間支出金額が多い傾向。

※グッズカテゴリー:シューズ、インナー類、ウエア、サングラス・ゴーグル、ウォッチ、イヤホン・ヘッドホン、
サポーター・テーピング、スキンケア商品、運動・スポーツ向け食品・サプリメント

[図4]
年間支出金額<目的別>

[表4]
年間支出金額<年代別>

5.グッズ購入時の重視ポイント

ジョギング・ランニングで使用するグッズに関して、各カテゴリーの購入歴者(最近1年以内に購入した人)を対象に、選ぶ際の重視ポイントを聞き、主な4カテゴリー(シューズ、ウエア、インナー類、運動・スポーツ向け食品・サプリメント)の購入時重視ポイント・トップ10をまとめた。

『シューズ』『インナー類』といった“快適な走り”に影響を与えるグッズで重視するのは、「フィット感・肌感覚」「機能性」「価格の安さ」の順。ファッション性も重要な『ウエア』は、「フィット感・肌感覚」に次いで、「デザイン」が重視される結果となった。
また、『運動・スポーツ向け食品・サプリメント』では、飲みやすさ・価格・効果を重視している。
どのカテゴリーにおいても「メーカー・ブランド」より自身の体感で選択しているようだ。

[図5]
購入時重視ポイントランキング<カテゴリー別>

ページTOPへ

転載・引用について

本レポートの著作権は、株式会社インテージが保有します。本レポートの内容を転載・引用する場合には、出所として弊社名(株式会社インテージ)、調査名称および調査時期を明記してくご利用ください。

ex)
インテージ ビジネスパーソン意識調査『男性の美容意識』 2015年2月調査
株式会社インテージのビジネスパーソン意識調査『男性の美容意識』(2015年2月調査)によると・・

【転載・引用に関する注意事項】
 以下の行為は禁止いたします。
・本レポートの一部または全部を改変すること
・本レポートの一部または全部を販売・出版すること
・出所を明記せずに転載・引用を行うこと
・公序良俗に反する利用や違法行為につながる可能性がある利用を行うこと

※転載・引用されたことにより、利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。
※この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません。

調査会社概要

【株式会社インテージ】 http://www.intage.co.jp/
株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃)は、「Create Consumer-centric Values 〜お客様企業のマーケティングに寄り添い、共に生活者の幸せを実現する」を事業ビジョンとして掲げ、様々な業界のお客様企業のマーケティングに寄り添うパートナーとして、ともに生活者の幸せに貢献することを目指します。生活者の暮らしや想いを理解するための情報基盤をもって、お客様企業が保有するデータをアクティベーション(活用価値を拡張)することで、生活者視点にたったマーケティングの実現を支援して参ります。

最新の調査レポートやマーケティングトレンドはこちらでご覧いただけます。
インテージ知るギャラリー

調査レポートトップへ