Search

キーワードを入力してください

アイトラッキング調査

視線情報を活かしたマーケティングを支援

目線の動きを定量的に計測、視覚的にわかりやすいアウトプットで見られた順番や停留時間を明らかにします。

アイトラッキング調査で分かること

「見た・見ない」が分かります

ヒートマップやスキャンパスで「見た・見ていない」を把握することができます

「どう見たのか」が分かります

スキャンパスのラインで「どう見たのか」を把握することができます。

「どの位見たのか」が分かります

特定の場所を囲う(ゾーニング)することで、ゾーンへの出入りを数量的に(データとして)扱うことができるようになります。

「視線行動の理由」が分かります

視線動画を使ったインタビューを行うことで対象者自身が覚えていない視線行動が再現でき、視線行動の理由を確認することができます。

アイトラッキング調査の活用方法

シェルフ・パッケージテスト

実際の購買現場を再現することでリアルな改善案を捕捉。目線の動きも考えた、具体的なマーケティングアクションの立案、ブラッシュアップにつなげて頂けます。

対象者が見ていた動画の上に
・視線の動き(赤線)
・滞留時間(円の大きさ)
が表示されていきます

視線がどこに停留していたのかが感覚的に分かります

紙媒体広告の調査

視覚情報も組み合せた広告理解プロセスを解明していくことで、広告紙面の改善点や効果検証を行っていき、クリエイティブ活動に役立てて頂けます。

どこがどのように見られているのかを図示します

ウェブサイトユーザビリティ

見られた順や停留時間から、視線を集める要素を探り出します。視線の動きを踏まえた効果的なウェブサイトの具体的改善の立案、ブラッシュアップ等につなげて頂けます。

見られた順番や停留時間を計測し、インタビューで動きの理由を深堀します

貴社の課題を解決するマーケティングリサーチをご提案します。

お気軽にお問い合わせください。担当者より、ご連絡いたします。

サービスに関するお問い合わせ

このページをご覧になっている方へおすすめサービス

関連資料・調査レポート