Search

キーワードを入力してください

web-OASIS®

購入代替性に見るカテゴリー構造把握
※ 「OASIS」とは「Optimization model for ASsortment through Interpreted Substitutability」の略です

こんな課題に対応しています

店頭の購買シーンにおける具体的なクラスターを把握したい

生活者起点でのサブカテゴリー構造はどうなっているのか?

意識上の購入代替性からサブカテゴリーを発見できる

購入銘柄とその代替銘柄のグループ分けをクラスター化します

自社ブランドのロイヤルティや競合関係を捉えたい

選択集合となりうる競合関係は?

ロイヤルティの高さ・独自性を代替銘柄・理由から明らかに

店頭にて自社ブランドの取り扱いが無い場合に「他の店に行く」生活者はどれ位いるのかを明らかにします

棚割検討・棚割提案をしたい

売り場に置く商品をどのように陳列すればいいのか?どんな商品を扱うといいのか?

商品陳列パターンの簡易シミュレートができる

クラスター分類と商品力に基づき、売場の効用を最大化させる陳列パターンのシミュレーションが可能(オプション)

アウトプットイメージ

店頭での代替性の把握

代替する銘柄と選択理由

品揃え最適化シミュレーション
(オプション)

よくあるご質問

ブランド数にもよりますが、例えば20ブランドの場合600サンプル程度を推奨しております。

貴社の課題を解決するマーケティングリサーチをご提案します。

お気軽にお問い合わせください。担当者より、ご連絡いたします。

サービスに関するお問い合わせ

このページをご覧になっている方へおすすめサービス