大掃除、そろそろ始める?~販売データと自主企画調査で実態に迫る~

年末に差し掛かると、意識し始めるご家庭も多い「大掃除」。そこでインテージでは、年末に大掃除を行う予定の有無や、既婚家庭における夫婦間での意識のギャップ、さらには、不用品整理の方法として、最近注目を集めるフリマアプリの利用実態などを探るべく、16~59歳の男女2,208人を対象に意識調査を実施しました。

年末の大掃除、予定しているのは何%?大掃除積極層は?

年末の大掃除の実態を、まずはインテージが保有する全国小売店パネル調査(SRI)のデータから確認してみます。お掃除関連の消費は、実際に年末に高まっているのでしょうか。
2016年1年間のデータで確認してみると、お掃除関連商品の販売金額は1月から7月にかけて徐々に増加した後、やや減少。10月にふたたび増加した後、大掃除時期の12月に大幅に増加していることがわかります。1~11月までの月平均と比較すると、12月は1.5倍程度の増加となっており、12月の大掃除需要が確認できます。
また、さらに細かなカテゴリ単位で12月の伸び率を見てみると、特に大きく販売金額を伸ばすのは「ガラスクリーナー」(645%)で突出して高く、「住居用クリーナー」(326%)、「住居用ワックス」(312%)、「化学雑巾」(209%)などのカテゴリが続きます。また、それらに比べると伸び率は小さいものの、「バス用クリーナー」「トイレ用クリーナー」等も平月比140%程度と販売金額を伸ばし、窓の掃除、住居全般の入念な掃除やワックスがけなど、普段はなかなか手が回らない部分を中心に、年末に掃除を行っている様子が販売データからも確認できます。
ちなみに、「トイレ用クリーナー」「パイプ用クリーナー」などは夏場の匂い対策を気にしてか7月に向けて販売金額の増加が見られ、夏場のお掃除関連商品の販売金額増加の要因となっています。

oosouji2017-01_kingaku.png

oosouji2017-02_kategori.png

販売データを使って12月のお掃除消費を確認したところで、ここからは自主企画調査の結果から、大掃除に関連した生活者の意識・実態に迫っていきます。はじめに、今年の年末に大掃除をする予定がある人はどのくらいいるのか、「大掃除の予定」について聞いてみました。
全体では、67.9%の人が「今年の年末に大掃除をする」と回答し、過半数の人が大掃除をする予定であることがわかりました。さらに、大掃除を“家庭のイベント”という観点から、ライフステージ別に予定有無の割合を見てみると、中高生以下、特に未就学児を末子に持つ家庭では「大掃除をする」と回答した人の割合が83.7%と他層に比べて高く、衛生面や安全面への配慮や、日々家事に忙殺される中で、掃除に十分な時間をあてられない、といった小さな子どもを持つ親ならではの意識・行動の変化が背景にあるものと推察されます。一方で、未婚者、特に40代以上の人では大掃除を行う予定と回答した人の割合が56.0%と全体に比べて低いこともわかりました。

oosouji2017-03_yotei.png

oosouji2017-04_yotei.png

全体では7割弱の人が行う予定あり、と回答した年末の大掃除。では、既婚家庭では、大掃除における夫や妻の協力・貢献に対して、どのように感じているのでしょうか。
夫や妻の協力・貢献への満足度を聞いてみると、『満足している計』(「とても満足している」+「満足している」)の割合が多かったのは30代以下の男性で、87.9%とほとんどの人が妻の協力・貢献に対して『満足している』と回答していました。一方で、『満足していない計』(「満足していない」+「まったく満足していない」)の割合が多かったのは40代以上の女性で、52.2%と半数以上の人が『満足していない』と回答、さらには17.7%が「まったく満足していない」と回答しました。年代別では、男女ともに年代が高い層では不満度が高い傾向が見られ、また男性に比べて女性で不満度が高いことが明らかとなりました。

oosouji2017-05_manzoku.png

ではなぜ、既婚女性は夫の協力・貢献に「不満」と感じているのでしょうか。その理由を自由回答で聞いた結果を見てみると、「不満」と感じる理由としては、「そもそも大掃除を手伝わなければと思っていないのが不満」のほか、手伝ってはくれたものの「いい加減にやるので二度手間になる」といった回答が見られました。また、「子どもの面倒を見てくれるだけでも違う」という声も挙がり、掃除をするという直接的な協力だけでなく、家族で大掃除をしようという姿勢も相手の満足度を左右する要素となっていることがわかります。
「満足」と回答した人の理由には、「率先してやってくれる」、「高い場所・重いものをやってくれる」などが挙がり、不得意とする部分に対する協力姿勢も評価のポイントになっているようです。

[大掃除における夫の協力・貢献への不満理由と満足理由(自由回答)]

【不満と感じる理由】

  • 年末だからといって家事には無関心で、普段と同じペースで生活しているから。(女性46歳)
  • 年末はギリギリまで仕事が忙しく、休みも少なく、「手伝わないといけない」とまったく思ってないので。(女性54歳)
  • 大掃除の手伝いをしなくてもいいから、大掃除をしている間、子供の相手をしてもらえるだけでも助かるのに、それすら期待できない。(女性40歳)
  • お願いしても、いい加減にしかせず、二度手間になることが多い。(女性51歳)

【満足と感じる理由】

  • 換気扇など高いところを進んでやってくれる。(女性49歳)
  • 重い物を動かしたり、高いところをしてくれるので、とても助かる。(女性52歳)
  • 依頼した事を綺麗にやってくれる。 依頼していない事も気を利かせてやってくれる。(女性50歳)
  • 天井、外壁の掃除など、私が出来ないことを、してくれる為。(女性40歳)

Key Point 1

お掃除関連商品の販売金額は年末12月に平月比149%と大幅増加。「ガラスクリーナー」「住居用クリーナー」などが大きく販売金額を伸ばす。全体では67.9%の人が今年の年末に大掃除を予定。「未就学の末子を持つ親」層は、全体を15.8ポイント上回る83.7%が大掃除予定ありと積極姿勢。40代以上女性では、17.7%が「大掃除における夫の協力に対して『まったく満足していない』」。


大掃除が面倒な場所、使えるコツ・テクニックは?

年末年始の大掃除というと、日常的な掃除に加え、普段はなかなか手がまわらない部分の掃除など、様々なことがその対象となります。では、そんな中で生活者が特に面倒だと感じていることは何なのでしょうか。
面倒だと感じると回答した人の割合が最も高かったのは、「キッチンの換気扇・レンジフードの掃除」(39.7%)で突出して多く、続いて「窓や網戸の掃除」(22.0%)が挙がり、日常的に掃除が行き届きにくい場所や掃除が難しい場所が上位にあがっています。またその次には「不用品の処分・整理整頓」(18.6%)が挙がり、新しい年を迎える上でキレイな空間、寛げる空間をつくるためには、掃除だけなくモノを整理整頓する「断捨離」も欠かせないようです。

oosouji2017-06_mendou.png

さて、面倒なこととして上位に挙がった、「キッチンの換気扇・レンジフードの掃除」や「キッチンのガス(IH)レンジの掃除」、また「窓や網戸の掃除」などは、普段あまり行わないこともあり、汚れが蓄積、行うとなるとやはり時間も労力もかかるもの。では、生活者はそれらに対してどのようなお掃除のコツ・テクニックで対処しているのでしょうか。自由回答で聞いた中から、これらに関連するものを見てみます。
「油汚れ」に対するコツ・テクニックで多かったのは、「重曹」を使って油を落とす、という方法。その他には、「つけ置き」や、関連して「キッチンペーパーでパック」など、長い時間をかけてこびりついた頑固な油汚れに対して、少しでもラクに落とすために様々な工夫をしているようです。
また「窓ガラス・網戸」に対するコツ・テクニックとしては、「窓ガラスは新聞紙で拭く」、「網戸は衣類用ブラシ・歯ブラシで汚れを落とす」などが多く挙がり、日用品をうまく活用し、生活の知恵を取り入れて対処しているようです。

[お掃除のコツ・テクニック(自由回答より抜粋)]

【油汚れ】

  • 換気扇の羽根車の油汚れは重曹を溶かした溶液に漬けておくとよく落ちる。(男性53歳)
  • 油汚れが酷いものはぬるま湯に重曹を溶かして浸けておくと取れやすい。(女性27歳)
  • 油汚れ用洗剤をガス台に吹きかけてキッチンペーパーでパックする。(女性24歳)
  • IHクッキングヒーターの焦げ付きは、ラップにクレンザーをつけて軽くこすると取れる。(女性40歳)

【窓・網戸】

  • 新聞紙を使って窓を拭くと、新聞の油が汚れをとって水垢が残らないで綺麗にできる。(女性32歳)
  • 新聞紙で窓ガラスを拭くと汚れが落ちやすい。(男性18歳)
  • 衣類のほこりとりで網戸の掃除(男性29歳)
  • 網戸を体を洗う用のタオルでこすると、ほこりなどがとれる(男性32歳)

Key Point 2

大掃除で最も面倒だと感じるもの、トップ3は、「キッチンの換気扇・レンジフードの掃除」(39.7%)、「窓や網戸の清掃」(22.0%)、「不用品の処分・整理整頓」(18.6%)。

フリマアプリ活用で不用品を整理整頓、その実態は?

前項で、面倒な大掃除の3位にランクインした「不用品の処分・整理整頓」。今回の調査ではこれに関連して、最近話題の「フリマアプリ」のほか、「インターネットオークション」、「リサイクルショップや中古品買取店」について、出品利用経験や、今後の活用意向を聞いてみました。
まず利用経験を見てみると、全体では「リサイクルショップ」の利用経験が40.2%と他の方法と比べて高く、「ネットオークション」は12.9%、「フリマアプリ」は9.8%が利用経験ありという結果になりました。
2013年に「メルカリ」がリリースされるなど、ここ数年で生活者に広がった「フリマアプリ」。全体での利用経験は1割弱ですが、性別、年代別で差があり、男性に比べて女性、特に10~20代の若年層では利用経験率が2割程度と高くなっています。利用意向を見ても、女性10代では34.0%が今後活用したいと回答しており、若年女性が利用に積極的であることがわかります。一方で、同じく生活者間のネット取引となる「ネットオークション」を見てみると、こちらは女性に比べて男性、特に30代以降で利用経験が高く、利用意向も同様の傾向が見られます。
ネット取引に対して、「リサイクルショップ」というリアルの手段を見てみると、利用経験は女性10代を除いて「ネットオークション」「フリマアプリ」よりも高く多くの人が経験しています。また男性30代以上、女性20代以上では3割以上が今後も不用品の出品に活用したいと回答しており、「ネットで」「手軽に」が注目を浴びる現在においても、リアル店舗が不用品整理の方法として役割を担っていることがわかります。

oosouji2017-07_keiken.png

oosouji2017-08_ikou.png

不用品の整理整頓の実態として、性年代別で利用経験は異なるものの、「ネットオークション」や「フリマアプリ」といったネットの手段だけではなく、リアル店舗も活用していることがわかりました。では、それぞれの方法は、不用品を処分する上でどのように使い分けられているのでしょうか。自由回答の結果から、その使い分けを見てみると、ネットとリアル店舗の使い分けとして多く挙がったのは、「発送が難しいかどうか」「高く売れるかどうか」という声。生活者同士でやりとりができることの簡便さがメリットのネットですが、サイズの大きな商品など、そのメリットを享受できない品物に関しては、店舗に持参して買い取りをしてもらうという人が多いようです。また、商品価値や相場を見極めながら、できるだけ高い価格で引き取ってもらうような使い分けも行われているようです。

[不用品処分方法の使い分け(自由回答より抜粋)]

【発送関連】

  • 郵送できそうなものはフリマアプリ(女性24歳)
  • 大きく送料のかかりそうなものはリサイクルショップへ。小さいものやある程度価値のありそうなものはフリマアプリを活用する。(女性27歳)
  • 洋服などはフリマアプリ。 単行本など単価が低く重くて送料がかかるのでリサイクルショップ。(女性25歳)
  • 送るのが面倒でない場合はフリマアプリで、ゲーム類は中古品買取店、服やスマホの周辺機器は譲渡します(男性18歳)

【値段関連】

  • 高く値段がつきそうなものは、インターネットオークションに出品。処分したいもので、値段のつきそうなものは買い取り店。それ以外は友人等にあげる。(男性32歳)
  • 店で売るより高値で売れる物はフリマアプリ。 細々していたり汚れが目立つ物は店(女性32歳)
  • 値段が上がるものはオークションで、値段が安いものはリサイクルショップ(男性57歳)

Key Point 3

不用品の処分方法、昨今話題の「フリマアプリ」の出品利用経験・利用意向は若年層、特に女性10代で高い。男女とも30代以上では「ショップ買い取り」も積極活用。

一年の中で最もお掃除消費が高まる年末は、関連企業にとっては重要な時期。今回の調査から明らかになった子育て世代など、大掃除に積極的な層をターゲットにコミュニケーションをすることで、需要の拡大が見込める可能性があると思われます。さらに、生活者が年末の大掃除に臨む上では、夫婦間での意識差を理解し合い、ここでご紹介した掃除のコツやテクニックを取り入れていただくのも良いかもしれません。


今回の分析は、下記の設計で実施したインテージの自主企画調査結果をもとに行いました。

【自主企画調査】
調査手法 インターネット調査
調査地域:全国
対象者条件:16-59歳男女
標本抽出方法:弊社「マイティモニター」より抽出しアンケート配信
ウェイトバック:性年代構成比を、2015年度実施国勢調査データをベースに、人口動態などを加味した2017年度の構成比にあわせてウェイトバック
標本サイズ:n=2,208
調査実施時期:2017年11月10日(金)~2017年11月15日(水)

転載・引用について

本レポートの著作権は、株式会社インテージが保有します。本レポートの内容を転載・引用する場合には、「インテージ調べ」と明記してご利用ください。お問い合わせはこちら

【転載・引用に関する注意事項】
 以下の行為は禁止いたします。
・本レポートの一部または全部を改変すること
・本レポートの一部または全部を販売・出版すること
・出所を明記せずに転載・引用を行うこと
・公序良俗に反する利用や違法行為につながる可能性がある利用を行うこと

※転載・引用されたことにより、利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。
※この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません。

関連記事