大晦日・お正月の晩ごはん-地域ごとにどう違う?

クリスマスも過ぎ、そろそろ年越し準備が本格的になる時期となりました。年越し・お正月という、日本人がもっとも大切にする年中行事の中でも大きな楽しみである「食」。実際に、大晦日からお正月、日本の食卓にどんなものが上がっているのでしょうか。
1年365日を通じて食卓データを収集しているデータベース「キッチンダイアリー®」から、昨年の大晦日・今年のお正月に食卓に並んだ夕食メニューを抜粋し、京浜・東海・京阪神エリアごとにランキング集計しました。その結果から明らかになった、各地域の特色とは?

【目次】

大晦日の夕食メニューランキング

図表1は、食卓データ「キッチンダイアリー」から2017年大晦日の晩に食卓に並んだメニューを地域別にランキング集計したもの。数値は、1,000食卓あたりの登場回数です。

図表1

newyeardinner_01.png

まず目に付くのが、東海・京阪神では「白飯」がトップなのに対し、京浜ではトップの「天ぷらそば(温)」が突出し、さらに4位、5位でも「そば」が登場している点。続く6位の「天ぷら」とともにおそばを楽しんでいる様子が想像できます。また、京浜で5位の「そば(冷)」は東海では10位、京阪神ではランキング圏外。「江戸っ子のそば好き」は現代でも続いているようです。

一方で、京阪神・東海では「にぎり寿司」がそれぞれ4位、5位に、そして東海で6位の「すき焼き」、京阪神で8位、9位の「おでん」「鍋物」といった鍋料理もランクイン。これらは京浜のトップ10にはない顔ぶれです。京阪神・東海での鍋料理のランクイン、「白飯」の登場数が京浜より多いのもうなずけます。

また、東海で特徴的なのが8位「おせち料理」のランクイン。元日を待たず、大晦日の晩にいただく“フライングおせち”、東海エリアではアリのようです。

Key Point1

大晦日、「そば文化」濃い京浜。東海・京阪神は「にぎり寿司」「鍋料理」も。“フライングおせち、”東海は「アリ」。

元日の夕食メニューランキング

地域ごとに違いがあった大晦日の晩の食卓。年が明けるとどうなるのでしょうか?今年の元日の夕食メニューランキングを見てみましょう(図表2)。

図表2

newyeardinner_02.png

さすがは元日。どの地域でもトップの「おせち」をおかずに2位の「白飯」をいただいている様子。京浜・京阪神では3位に「お雑煮」が続きますが、東海では「お雑煮」はランキング圏外。朝・昼は他の地域と同じくらい食卓に上っているのですが、夜にいただく習慣は薄いようです。また、東海では「すき焼き」の登場数が他の地域より多く、5位にランクイン。大晦日から引き続いて、登場数の多い人気メニューです。

Key Point2

元日の晩は各地域、ランキング首位の「おせち」に「白飯」が続く。東海は「雑煮」少なく、「すき焼き」人気。

1月3日の夕食メニューランキング

では、おせちにも飽きてくる1月3日、夕食メニューの顔ぶれはどう変化するのか、今年のデータを見てみましょう(図表3)。

図表3

newyeardinner_03.png

トップの座が「白飯」に変わりますが、3地域とも「おせち」はまだトップ3圏内に。また、各地域で「生野菜・野菜サラダ」「味噌汁」 「野菜の浅漬け・塩漬け」「たくあん」が上位に登場。年末から続いたご馳走もこのあたりでペースダウンとなり、軽めのおかずにご飯と漬物であっさり済ませるのかもしれませんね。

それでも東海では、「すき焼き」人気は他の地域以上に根強く、5位の座をキープ。また、「おせち」の登場回数も他の地域よりかなり多く、大晦日からの“フライングおせち”にはじまり、三が日もたっぷりとおせち料理を楽しんでいるようです。

Key Point3

1月3日の晩は各地域、「白飯」「おせち」「味噌汁」「生野菜」。「おせち」「すき焼き」が根強い東海。

以上、食卓データ「キッチンダイアリー」より、昨年の大晦日から今年のお正月の晩ごはんを見てきました。モノや情報が即座に共有され、入手できる時代になっている昨今ですが、昔からの文化に根差した習慣というのは地域ごとにまだまだ色濃く残っていて、食卓にも反映されているようですね。2019年、どんな食卓で迎えますか?


今回の分析は、弊社独自に保有する下記のデータをもとに行いました。
【キッチンダイアリー®】 https://www.intage.co.jp/service/platform/diary/
1,260世帯の食卓・調理の状況を食場面(朝食・昼食・夕食)ごとに継続的に捉えたデータです。商品開発のヒントとして、また、流通向けの販促提案情報としてご活用いただけます。
※キッチンダイアリーでは、統計的な処理を行っており、調査モニター個人を特定できる情報は一切公開しておりません

転載・引用について

本レポートの著作権は、株式会社インテージが保有します。本レポートの内容を転載・引用する場合には、「インテージ調べ」と明記してご利用ください。お問い合わせはこちら

【転載・引用に関する注意事項】
 以下の行為は禁止いたします。
・本レポートの一部または全部を改変すること
・本レポートの一部または全部を販売・出版すること
・出所を明記せずに転載・引用を行うこと
・公序良俗に反する利用や違法行為につながる可能性がある利用を行うこと

※転載・引用されたことにより、利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。
※この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません。

関連記事