「グレイヘア」への女性の思いとは?

昨年の「新語・流行語大賞」にノミネートされた「グレイヘア」。白髪をあえて染めないスタイルが注目を集めましたが、「グレイヘア」はどの程度浸透し、女性の意識にどのような変化をもたらしたのでしょうか。
日本全国の20-69歳の女性1,806人を対象に実施した調査の結果から、「グレイヘア」の浸透状況、白髪やエイジングに対する意識についてご紹介します。

【目次】

「グレイヘア」知っている女性はどれくらい?

まず最初に、どれくらいの女性が「グレイヘア」を知っているのか聞いてみました(図表1)。

図表1

「グレイヘア」をご存知ですか?

全体で「知っている」と答えた女性は38.1%。「聞いたことがある程度」と合わせると、約6割が「グレイヘア」を認知していることがわかりました。また、年代が上がるほど「知っている」という人の割合は増え、60代では5割である一方、20代では2割にとどまっています。やはり、白髪が身近になるほど、「グレイヘア」への関心も高いことがうかがえます。

Key Point1

「グレイヘア」、「知っている/聞いたことがある」は6割。年代上がるほど高く、60代では7割

「グレイヘア」流行で白髪やエイジングの意識は変わった?

では、「グレイヘア」の認知がある女性たちは、「グレイヘア」の流行で意識に何か変化があったのでしょうか。白髪やエイジングに対する考え方について、あてはまり度合いを聞いてみました(図表2)。

図表2
図2.png

「白髪が増えても、美しさや魅力のある自分になれると思うようになった」について、全体では「とてもあてはまる+あてはまる」「どちらともいえない」「まったくあてはまらない+あてはまらない」がちょうど三分される結果となりました。年代別では、最も肯定的なのは20代。また、40代と50代では「まったくあてはまらない」と強い否定を感じる人が1割を超えて他の年代より多いですが、60代になると、6.5%まで減り、肯定的な人の割合も40・50代より高い結果でした。白髪が増えはじめる40・50代はその変化が受け入れがたいと感じる女性が一定数いることがうかがえます。

一方、「やっぱり白髪は染めた方が見栄えがいいと思う」について、全体では「とてもあてはまる+あてはまる」が過半数、「まったくあてはまらない+あてはまらない」は1割にとどまりました。ここでもやはり、40代と50代で「染めた方が見栄えがいい」と感じている人が他の年代より大きく、特に50代では6割と最もその割合が大きい結果でした。

Key Point2

・「グレイヘア」流行を受けての白髪・エイジング意識:
 -「白髪が増えても、美しさや魅力のある自分になれる」-全体の3割
 -「染めた方が見栄えがいい」-全体の5割
・白髪に対して最も否定的な40・50代

実際、「グレイヘア」を選択する女性はどれくらい?

続いて、実際に自分が「グレイヘア」を選択するかどうかについて聞いてみたところ(図表3)、全体では47.6%が「迷い/抵抗がある」という回答でした。「白髪が増えても、美しさや魅力のある自分になれると思うようになった」について5割弱が肯定派だった20代でも、「『グレイヘア』を選択すると思う」と答えた人は27.4%にとどまりました。

白髪世代といえる40代~60代に目を向けると、現在「グレイヘア」の人は、40代で2.4%、50代で3.7%、60代で10.3%で、今後「グレイヘア」にする意向がある人はそれぞれ、28.5%、23.4%、29.0%。これらの年代の中で、「自分が『グレイヘア』にするのは迷い/抵抗がある」とした人が過半数の55.1%と最も多いのはやはり50代でした。また60代では、「流行に後押しされて『グレイヘア』にした」という人が2.7%いることがわかりました。

図表3

「グレイヘア」についての気持ち・行動で最もあてはまるものは?

Key Point3

・自分が「グレイヘア」にすることへの躊躇-全体の5割弱。最も多いのは50代
・40代~60代での「グレイヘア」意向者は3割弱
・現在「グレイヘア」は60代で1割。流行に後押しされた人も

「グレイヘア」を選択する理由、躊躇する理由は?

自分が「グレイヘア」を選択する理由、躊躇する理由も聞いてみました(図表4)。

図表4

「グレイヘア」についての気持ち・行動の理由は?

「グレイヘア意向あり」あるいは「すでにグレイヘア」という人の主な理由は「染め続けることから解放される」と「ナチュラルな美しさがある」で、それぞれ全体の半数以上の回答を集めました。前者は、特に50代では8割近い回答があり、忙しい日常の中で、増えゆく白髪のケアに追われるストレスを他の年代以上に感じていることをうかがわせます。また、「ナチュラルな美しさがある」については、20・30代では6割超と白髪世代より回答率が高く、「グレイヘア」自体の良さを感じて自分も「グレイヘア」にしたいと思っている人がより多くいることがわかりました。

一方、「グレイヘアに迷い/抵抗がある」と回答した人が選んだ理由のトップは「老けた印象になる」で全体の約7割、次いで「自分に似合うのかわからない」が6割弱でした。また、3番目に多かった理由「家族に『年老いた』と感じさせてしまう」は全体の約3割の回答がありました。中でも40代が約4割と最も高く、エイジングに直面する入り口と思われる年代では他の年代よりも、周囲の目に対してセンシティブであることが浮き彫りになりました。

Key Point4

・「グレイヘア」支持の2大理由は「染め続けることから解放」「ナチュラルな美しさ」
・「グレイヘア」躊躇の2大理由は「老けた印象」「似合うかわからない」。40代では家族への配慮も

「グレイヘア」女性が気をつけていることは?

「グレイヘア」への躊躇として目立った、「老けた印象」「自分に似合うかわからない」という懸念ですが、現在「グレイヘア」の女性はどんなことに気をつけているのでしょうか(図表5)。

図表5

「グレイヘア」にしてから以前より気をつけたり、手間をかけるようになったことは?

3割は特に意識していない一方で、約2割の人は「明るいファッション」「毎日の髪のスタイリング」に気を配っていることがわかりました。その他、「ナチュラルなファッション」「トリートメントなどのヘアケア」「自分の『グレイヘア』に似合うヘアスタイルの研究」も1割を超える回答がありました。

Key Point5

「グレイヘア女性」が気をつけていること-「明るいファッション」「毎日の髪のスタイリング」

好印象の「グレイヘア」女性有名人は?

最後に、「グレイヘア」の女性有名人の中で、好印象をもつ人を一人選んでもらいました(図表6)。

図表6

「グレイヘア」の女性有名人で最も好印象をもつ人は?

トップ2は女優の草笛光子さんとアナウンサーの近藤サトさんで、それぞれ全体で2割以上の回答を集めました。3位は13%の人が支持の美容家、佐伯チズさん。トップの草笛さんは60代の4割近い支持を得て、その理由のコメントには「似合っている」「自然」「上品」といった回答が目立ちました。また、近藤サトさんについてはアナウンサーとして認知が広いためか、年代による支持の偏りが比較的少ないことが特徴的。支持の理由としては「似合っている」の他に、「知的」「堂々としている」などが多くコメントされました。

Key Point6

「グレイヘア」女性有名人、好印象トップ3は草笛光子、近藤サト、佐伯チズ

10月20日は頭髪の日、そしてファッションも秋の深まりとともに落ち着いた雰囲気に移りゆく季節、ご自分のスタイルとしての「グレイヘア」に想像を巡らせてみてはいかがでしょうか。

今回の分析は、下記の設計で実施したインテージの自主企画調査結果をもとに行いました。


使用したデータ
インテージのネットリサーチによる自主調査データ
調査地域:日本全国
対象者条件:20~69 歳の女性
標本抽出方法:弊社「キューモニター」より抽出しアンケート配信
ウェイトバック:性年代構成比を、2015年度実施国勢調査データをベースにウェイトバック
標本サイズ:n=1806
調査実施時期: 2019年6月6日(木)~2019年6月10日(月)


転載・引用について

本レポートの著作権は、株式会社インテージが保有します。本レポートの内容を転載・引用する場合には、「インテージ調べ」と明記してご利用ください。お問い合わせはこちら

【転載・引用に関する注意事項】
 以下の行為は禁止いたします。
・本レポートの一部または全部を改変すること
・本レポートの一部または全部を販売・出版すること
・出所を明記せずに転載・引用を行うこと
・公序良俗に反する利用や違法行為につながる可能性がある利用を行うこと
・自社商品の宣伝・広告・販促目的での使用はご遠慮ください。


※転載・引用されたことにより、利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。
※この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません。

関連記事