花粉症-市場規模推移と生活者が重視する対策

日本気象協会の昨年12月の発表によると、この春、スギ花粉が飛び始める時期は例年並み、飛散量は例年より少ないと予想されています。花粉症の方の中には、すでに対策を始めている方もいらっしゃるかもしれません。

今や「国民病」ともいわれる花粉症について、罹患状況や対策商品の市場規模、生活者が実施している対策のトレンドを独自データと、1都6県在住6395人へのアンケート調査から分析した結果をご紹介します。

【目次】

どれくらいの人が、いつから、どんな症状に悩まされている?

まず最初に、アンケート調査結果から、花粉症の人の実態を確認してみましょう(図表1)。

図表1

hayfever2_01.png

3年前の2016年末の調査では46.7%だった花粉症の人の割合は、50%を超えています。また、罹患年数は、各年代とも「6年以上」と長期の人が半数以上、40代、50代では8割近くにのぼっています。症状はほぼ全員の方が「鼻」、次いで「目」、人によってはノドや皮膚の症状、また頭痛や発熱が出るケースもあるようです。

Key Point1

・花粉症の人の割合、2016年から3.4ポイント増え過半数に
・花粉症歴「6年以上」が各年代で過半数、40代・50代では8割近く

花粉症対策、花粉量との関係は?生活者が実行している対策のトレンドは?

つらい症状を抑える、一番手近な対策といえる市販薬。その市場規模はどう変化しているのでしょう。小売店の販売データ「SRI®」で過去8年の推移を追ってみました(図表2)。

図表2

hayfever2_02.png

やはり、花粉飛散数(図中の折れ線)と連動して市販薬の販売金額も上下していることが見てとれます。例外は2019年です。その前年、2018年の飛散数が前年の約4倍、過去10年平均の2倍以上の多さで、市販薬の販売額も30億円以上伸びた年。昨年は飛散数は2018年よりかなり少なかったものの、市販薬販売額は微減にとどまっています。2018年のつらかった経験から、市販薬による対策を怠らなかった人が多かったのかもしれません。

先シーズン、花粉症の人たちが市販薬以外にもどんな対策をしていたのかをみてみましょう(図表3)。

図表3

hayfever2_03.png

直近シーズンに実施した対策のダントツのトップは「マスク」で7割以上の人が実施していました。次いで、「うがい・手洗い」が半数以上と薬以上に実施されています。

対策には男女差がみられ、女性の方が男性より実施率の高い項目が多く、男性以上にいろいろと対策している様子。特に、花粉を家に入れないこと(「衣服の花粉を落とす」「洗濯物/ふとんを外に干さない」「窓を開けない」「室内をこまめに掃除する」)に男性より気をつけていることがわかります。一方、男性は、症状が出る部分の花粉を除去すること(「顔を洗う」「鼻を洗う」)の実施者割合が女性より多いことがわかりました。

次に、各対策実施率が2016年の調査時から変化しているのかをみてみました(図表4)。

図表4

hayfever2_04.png

花粉症対策の主軸となっている「マスク」「うがい・手洗い」実施者は15ポイント以上増えています。また、「顔を洗う」「衣服の花粉を落とす」「睡眠/休養を意識的にとる」といった対策も5ポイント以上伸びています。図表2の市場規模で、販売金額が2016年から約10億円増えていた「市販薬」は、利用している人の割合は5.5ポイント増え、一方、「処方薬」は4.6ポイント減り、市販薬利用者と処方薬利用者の割合が逆転しました。

Key Point2

・「市販薬」市場規模は飛散花粉数と連動するも、2019年は花粉数多かった前年と同規模で推移
・「市販薬」利用者割合が「処方薬」を逆転
・対策の主軸は「マスク」「うがい・手洗い」。実施者は3年前から大きく増加
・対策に男女差あり。「家に入れない」女性、「症状出る箇所の花粉除去」の男性

生活者が重視している対策は?

さまざまな対策がある中、実施している人が特に重視している対策は何かを聞いてみました。図表5は、各対策の重視率ランキングです。重視率が20%以上あったものを抜粋しています。

図表5

hayfever2_05.png

実施者の最も多い「マスク」は、重視率も8割超とトップですが、「うがい・手洗い」は5割未満にとどまっています。一方で「処方薬」は8割、「市販薬」は7割、「減感作/免疫療法」(花粉エキスの注射/舌下滴下)が5割超です。主な患部に花粉を入れない“マスト対策”の「マスク」、より症状がつらい人は市販薬より「処方薬」、根本的に花粉に対するアレルギー反応に働きかけたい人はまだ新しい治療法の「減感作/免疫療法」といったように、症状や志向に応じて対処を選択している様子が表れているといえそうです。

Key Point3

・各対策の重視率では「処方薬」が「市販薬」以上の存在感
・比較的新しい対策の「減感作/免疫療法」は5割超の重視率

どんな食材・サプリが利用されいて、効果の実感はどれくらい?

最後に、花粉症によいとされる食材やサプリメントに目を向け、花粉症の人が今までに利用したことがあるものと、実際に効果が感じられたものを聞いてみました。

図表6

hayfever2_06.png

食材の利用率のダントツトップは4割を超える「ヨーグルト」で、サプリメントでも「乳酸菌」が15%でトップと、“菌活”アイテムが最も利用されていることがわかります。食材ではこれに、お茶類が続き、サプリメントでも、「茶カテキン」「甜茶成分」とお茶の成分が続いています。食材で「紅茶」と「しょうが」がほぼ同率ですが、「しょうが紅茶」を作って飲んでいる人が多いのかもしれません(図表6)。

では実際、各食材・サプリ利用者のうち、どれくらいの人が効果を感じているのでしょうか。

図表7

hayfever2_07.png

食材利用率トップだった「ヨーグルト」は効果実感率でもトップで4割超の人が効果を感じていました。また、利用率では5位だった「べにふうき茶」も4割の効果実感率で2位にランクインしています。サプリメントでは、利用率は低いものの、利用者の5割違くが効果を感じていると回答した「じゃばら」がトップ、これに「甜茶成分」「乳酸菌」「プロポリス」が3割超と続く結果でした。

Key Point4

・食材・サプリの利用率トップは「ヨーグルト」「乳酸菌」
・効果実感、食材では「ヨーグルト」「べにふうき茶」が2強、サプリでは「じゃばら」に「甜茶」「乳酸菌」「プロポリス」が続く

1都6県では過半数の人にとって悩ましいシーズンである春。さまざまな対処法を、自分の症状や志向にあわせて取り入れて、2020年の花粉症シーズンをできるだけ快適に過ごせるといいですね。

今回の分析は、下記の設計で実施したインテージの自主企画調査結果をもとに行いました。


使用したデータ
【SRI®(全国小売店パネル調査)】

国内小売店パネルNo1※1 のサンプル設計数とチェーンカバレッジを誇る、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ホームセンター・ディスカウントストア、ドラッグストア、専門店など全国約4,000店舗より継続的に、日々の販売情報を収集している小売店販売データです。
※SRIでは、統計的な処理を行っており、調査モニター店舗を特定できる情報は一切公開しておりません
※1 2019年3月現在

【インテージのネットリサーチによる自主調査データ】
調査地域:日本全国
対象者条件:20~59 歳の男女
標本抽出方法:弊社「キューモニター」より抽出しアンケート配信
ウェイトバック:性年代構成比を、2015年度実施国勢調査データをベースにウェイトバック
標本サイズ:n=6395
調査実施時期: 2019年12月25日~27日

転載・引用について

本レポートの著作権は、株式会社インテージが保有します。本レポートの内容を転載・引用する場合には、「インテージ調べ」と明記してご利用ください。お問い合わせはこちら

【転載・引用に関する注意事項】
 以下の行為は禁止いたします。
・本レポートの一部または全部を改変すること
・本レポートの一部または全部を販売・出版すること
・出所を明記せずに転載・引用を行うこと
・公序良俗に反する利用や違法行為につながる可能性がある利用を行うこと
・自社商品の宣伝・広告・販促目的での使用はご遠慮ください。

※転載・引用されたことにより、利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。
※この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません。

関連記事