バレンタイン、今年は誰にプレゼントする?~「逆チョコ男子」に「友チョコ女子」、「フライングバレンタイン」まで、実態に迫る~

バレンタインと言えば、かつては“本命チョコ”“義理チョコ”という言葉が流行ったように、「女性から男性へチョコレートで愛を伝える日」とされてきました。しかし最近では、家族間で感謝を伝えるチョコレート、友人同士で贈りあうチョコレート、男性から女性に贈るチョコレートなど、その慣習に大きな変化の波が訪れています。インテージでは、昨今のバレンタイン事情を探るべく、16~59歳の男女2,152人を対象に意識調査を実施しました。

チョコレート市場の動向は?

バレンタインに関する意識調査の結果に入る前に、インテージが保有する全国小売店パネル調査(SRI)のデータから、チョコレート市場の変化についてご紹介します。チョコレートの年間販売金額は、2017年時点で約289億円、直近5年間の推移を見ると、毎年5%程度ずつ緩やかに販売金額を伸ばしています(お菓子市場全体では毎年2%程度拡大)。その背景には、美容・健康への効果が期待される高カカオや機能性の商品など高単価商品の売れ行き好調があり、販売金額の伸びを後押ししているようです。
また、月次販売金額の推移を見ると、バレンタインがある2月は1年の中で最も販売金額が伸びる月であり、その金額は月平均の約1.6倍にもなります。バレンタインはチョコレート市場においても重要な役割を持つイベントであることがこのデータからもわかります。

valentine2018-01_sijyosuii.png

valentine2018-02_getuji.png

バレンタインにチョコレートを贈る相手、予算感は?

ここからは、今年のバレンタインの予定について、自主企画調査の結果から見ていきます。まず、今年のバレンタインに「チョコレートを贈る予定があるか」を聞いてみました。その結果、今年のバレンタインは、7割強の女性が「チョコレートを贈る予定がある」ことがわかりました。年代別では、「贈る予定がある」人の割合が最も多いのは30代で80.8%、一方で最も割合が少ないのは50代で67.1%となっています。
贈る相手について聞いてみると、最も高いのが「配偶者」(39.1%)、続いて「子ども」(23.3%)、「親」(16.9%)など家族間でのプレゼントが上位にあがっています。また、「自分自身」に贈る“セルフチョコ”は全体で22.8%、年代別で最も高いのは女性30代で、3割が“セルフチョコ”購入予定ありと回答しています。「友人・知人」に贈る“友チョコ”は女性10代では6割が予定している一方で、他の年代では1~2割程度と低く、若年層の特徴的な傾向となっています。なお、「職場の同僚・取引先」に贈る予定の人は全体で12.0%と低くなっていますが、対象を「会社員」に絞ると28.9%の人が贈る予定ありと回答しています。

valentine2018-03_okuruyotei.PNG

続いて、チョコレートの「予算」について見ていきます。人に贈るチョコレートで平均予算が最も高いのは「恋人」で2,126円、次いで「配偶者」が1,588円、「親」「配偶者・子ども・親以外の家族」が1,300円台で続きます。そんな中、「自分自身」に購入する“セルフチョコ”の予算は1,744円で、「恋人」の2,126円に次いで高くなっています。

valentine2018-04_yosan1.PNG

さらに、贈る相手として多かった「配偶者」と「自分自身」について、贈り手の年代別に見てみると、「配偶者」に贈るチョコレートは、年代を問わず1,500~1,600円が平均的な予算であるのに対し、「自分自身」に贈るチョコレートは年代が高い層で予算が高くなっています。20代以下では1,181円に対し、50代では2,200円と2倍近くの開きがあり、年代が高い層では、自分自身へのご褒美バレンタインはちょっと贅沢に、お金をかける予定でいる実態が明らかになりました。

valentine2018-05_yosan2.PNG

Key Point 1

今年のバレンタイン、女性の7割強がチョコレートを贈る予定あり。贈る相手は配偶者や子ども、親など家族。女性の22.8%が購入予定の“セルフチョコ”、平均予算は1,744円。

バレンタインにはどんなチョコレートを贈る?

次に、バレンタインに贈るチョコレートの「種類」について聞きました。贈る相手別に、贈る予定のチョコレートの種類(「手作りのもの」「市販品」)を複数回答(マルチアンサー)で聞いてみたところ、贈る相手によらず、「市販品」を予定している人が多いことがわかりました。その中で、若年層で贈る人の割合が高かった「恋人」向けや「友人・知人」向けでは「手作り」を予定している人の割合が比較的高く、若年層を中心に手作りチョコレートに挑戦する人が多い傾向が見て取れます。また、「恋人」にチョコレートを贈る人では約1割が「手作り」と「市販品」の両方を予定していると回答しています。

valentine2018-06_syurui.PNG

さらに、バレンタインに贈るチョコレートで重視していること、そして、チョコレートを渡すタイミングについて聞いてみました。
贈る相手に関わらず、最も多くの人が重視しているのが、「中身が美味しいこと」。次いで、「中身の見た目が良いこと」「パッケージ・包装の見た目が良いこと」が上位にあがっています。特に、「友人・知人」向けの“友チョコ”では、これらの「見た目」に関する項目が他と比べて高く、友人・知人同士で贈りあうことで話題にもなることもあり、「味」はもちろん、「見た目」にもこだわる傾向があるようです。また、「自分」向けの“セルフチョコ”は、「期間限定」「店舗限定」などの“ご褒美チョコレート”として、普段とは少し違った限定感も重視していることがわかります。

今年のバレンタインデーは平日の水曜日。チョコレートを渡すタイミングについて聞いてみると、普段一緒に生活をしている「配偶者」や「子ども」には、当日渡すと答えた人が8割以上と大半を占めるのに対し、「親」や「友人・知人」へのチョコレートを当日に渡す人は5~6割程度で、前の週末や翌日以降に渡す予定の人も多い様子。また、「自分」向けの“セルフチョコ”は、4人に1人が「2/9(金)以前」と回答。最近では、バレンタイン当日を待たずに自分自身へのご褒美チョコを買ったり、プレゼントでは周りとタイミングをずらすことでサプライズを狙ったりする“フライングバレンタイン”という言葉もあるようです。今回の調査結果からは、日付にこだわらずにチョコレートを楽しむ女性たちの“フライングバレンタイン”実態が明らかになりました。

valentine2018-08_taimingu.PNG

Key Point 2

“セルフチョコ”はバレンタインデーまで待てない、4人に1人が“フライングバレンタイン”。10代女性で6割が予定する“友チョコ”、選ぶ際には、「味」だけでなく「見た目」も重視。

チョコレートはもらえそう?男性目線のバレンタイン事情は?

ここまで女性を中心にバレンタインのチョコレート事情について見てきましたが、ここからは男性にフォーカスしてその実態を見ていきます。まず、男性に対して、今年のバレンタインに「チョコレートを贈る予定があるか」を聞いてみたところ、12.6%の男性が「チョコレートを贈る予定がある」ことがわかりました。特に高いのは、10代(18.0%)ですが、50代でも10.8%と、「バレンタインにチョコレートを贈る男性」は若年層に限った傾向というわけではないようです。
さらに、贈る相手について見てみると、最も高いのは「自分自身」で、10代では6.6%、20代では9.5%が“セルフチョコ”を予定しているようです。「自分自身」に次いで高いのは、「配偶者」や「恋人」といったパートナーへの“逆チョコ”。女性10代で6割が予定していた「友人・知人」への“友チョコ”は、男性でも10代で高く、6.6%が予定していると回答しました。いわゆる“スイーツ男子”にとってもバレンタインは外せないイベントとして定着しつつあるのかもしれません。

valentine2018-09_okuruyotei.PNG

では、男性の“もらい手”としての実態はどうでしょうか。全体では、5割弱が「プレゼントしてくれそうな相手はいない」と回答。毎年盛り上がりを見せるバレンタインですが、実は、自分には関係のないイベントとして考える人も多いようです。また、「プレゼントしてくれそうな相手」としては、「配偶者」が最も高く、30代以上で3~4割の人がもらえる予定がある、と答えています。

valentine2018-10_morauyotei.PNG

Key Point 3

チョコレートを贈る予定のある男性は12.6%。贈る相手として最も高いのは「自分自身」。もらい手目線では、男性の5割がチョコレートを「プレゼントしてくれそうな相手はいない」。


バレンタインは、老若男女問わず、家族や友人、知人に「日頃の感謝の気持ちを伝える日」としての意味合いが大きくなっているようです。そして、一方的な贈り・贈られるチョコではなく、互いにシェアするイベントとなっているようです。この時期は催事イベントなどで普段目にすることのない特別なチョコレートも手に入りますし、カカオの健康効果も最近では注目をされています。普段、なかなか「ありがとう」を言えないでいる方は是非、このバレンタインイベントを利用して、感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。


今回の分析は、弊社独自に保有するSRI(全国小売店パネル調査)のデータ、および下記の設計で実施したインテージの自主企画調査結果をもとに行いました。

SRI(全国小売店パネル調査)
スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ホームセンター・ディスカウントストア、ドラッグストア、専門店など全国約4,000店舗より収集している小売店販売データです。このデータからは、「いつ」「どこで」「何が」「いくらで販売された」のかが分かります。

【自主企画調査】
調査手法 インターネット調査
調査地域:全国
対象者条件:16-59歳男女
標本抽出方法:弊社「マイティモニター」より抽出しアンケート配信
ウェイトバック:性年代構成比を、2015年度実施国勢調査データをベースに、人口動態などを加味した2017年度の構成比にあわせてウェイトバック
標本サイズ:n=2,152
調査実施時期:2018年1月16日(火)~2018年1月19日(金)

転載・引用について

本レポートの著作権は、株式会社インテージが保有します。本レポートの内容を転載・引用する場合には、「インテージ調べ」と明記してご利用ください。お問い合わせはこちら

【転載・引用に関する注意事項】
 以下の行為は禁止いたします。
・本レポートの一部または全部を改変すること
・本レポートの一部または全部を販売・出版すること
・出所を明記せずに転載・引用を行うこと
・公序良俗に反する利用や違法行為につながる可能性がある利用を行うこと

※転載・引用されたことにより、利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。
※この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません。

関連記事