21年7月の食卓行動データ

様々な要因で変化する生活者の普段の行動。
インテージが収集している様々な生活者データから、“生活者のいまの食卓行動”をお届けします。
※毎月第4木曜に最新データを公開する予定です。

データ:

内食率の推移

2021年7月のトピックス:朝、昼、夕食共にほぼ1年前と変わらず。巣ごもり実態が反映されやすく、比較的変動の大きい昼食の内食率も70%前後に落ち着いている。

table2107_1.png

データ:

7月に特徴的な食卓トピックス~土用の丑の日~
当日のうな重の夕食出現率は、直近5年で一番高くなった。外食できない分、家でうなぎを楽しむ人が増えていると考えられる。
うな重が食卓に並ぶ時は「すまし汁・吸い物」の出現率が通常の8.8倍となり、肝吸いを中心に「うな重といえば吸い物」で献立を考える人が多いことがわかる。

table2107_2.png


データについて:
【キッチンダイアリー®】
1,260世帯の食卓・調理の状況を食場面(朝食・昼食・夕食)ごとに継続的に捉えたデータです。商品開発のヒントとして、また、流通向けの販促提案情報としてご活用いただけます。



転載・引用について

◆本レポートの著作権は、株式会社インテージが保有します。
 下記の禁止事項・注意点を確認の上、転載・引用の際は出典を明記ください 。
「出典:「インテージ 知る Gallery」●年●月●日公開記事」

◆禁止事項: 
・内容の一部または全部の改変 
・内容の一部または全部の販売・出版 
・公序良俗に反する利用や違法行為につながる利用 
・企業・商品・サービスの宣伝・販促を目的としたパネルデータ(*)の転載・引用
(*パネルデータ:「SRI+」「SCI」「SLI」「キッチンダイアリー」「Car-kit」「MAT-kit」「Media Gauge」「i-SSP」など)

◆その他注意点:
・本レポートを利用することにより生じたいかなるトラブル、損失、損害等について、当社は一切の責任を負いません
・この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません

◆転載・引用についてのお問い合わせはこちら

関連記事