Search

キーワードを入力してください

2017/03/15事業・サービス

~データエクスチェンジコンソーシアムにて、 キッコーマン等と複数のビッグデータを用いた分析を実施~若者の醤油購買層のライフスタイルを分析 醤油と意外な組み合わせが若者の“隠れた新定番”

株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚純晃 以下インテージ)は、データエクスチェンジコンソーシアムで結成された顧客トレンドチームの活動に参画しており、このたび各社のデータを組み合わせた調査、分析を実施しましたのでお知らせします。

取り組みの概要

参画企業の各社が保有する複数のデータを組み合わせることで、よりきめ細やかな顧客トレンド分析を行う手法を作り上げることを目的として、「醤油を利用する若者世代の生活スタイル」について調査、分析を実施しました。

調査内容

本調査では、醤油の新しい顧客層である若年世代の価値観や生活スタイルを分析し、商品の想起から利用の実態までを一貫して捉えることで、「若年世代に支持される商品企画、宣伝・販売コンテンツ」につなげる目的で実施しました。

調査スキーム

本調査は、調査事項の定義や仮説づくり、データの前処理、実データのチェック、結果の評価など、各工程をそれぞれ得意分野が異なる各社のチームプレイで進めました。また、アンケート調査、SNSデータ、購買データ、Webメディア接触データを各社が持ち寄り、データ状態のチェックや前処理、特徴量の抽出をバトンパス形式で行ったことで、企業間のデータ流通を低リスクで進めることができました。結果として、誰もがよく知る商品でも、複数データを組み合わせることで、よりきめ細やかな顧客理解が可能であることが実証されました。
各社の役割はページ下部の各社プロフィールをご参照ください

調査結果

醤油を購入している若者を分析したところ、「SNSへの投稿ネタづくり」や「食にこだわる自分を演出」するために、ちょい足し醤油、珍味レシピ、MY醤油など「ちょっとこだわった醤油」を楽しむ姿が見られました。
また、若者世代の醤油の利用シーンを分析したところ、【A.お酒や手料理が好き】【B.ふだんは質素だが、食べ歩き・外食は好き】【C.味よりも情報を消費する】の3類型が見つかりました。
さらに、醤油を「買った」若者は、「買わない」若者と比べて、【①高級ミニアイスをよく買う】【②グルメ情報よりもレシピサイトを見ることが多く、旅行サイトの閲覧も多い】【③Twitter・Instagram・ニコニコ動画より、Facebook・YouTubeをよく閲覧する】といった傾向が見られます。
以上を踏まえて、顧客トレンドチームでは、「醤油」を買う若者は、いつもは質素な食生活でも、外食・旅行や口コミ検索で目は肥えているため、本当は料理にも少しこだわりたい傾向にあるのではないか、という結論に至りました。

醤油のちょっとこだわった使い方の事例

SNS上では、「醤油×バニラアイス」などすでによく知られた食べ合わせの他にも、様々な組み合わせが話題を集めています。「醤油×マンゴー」「醤油×柿」「醤油×ぶどう」など醤油とフルーツを組み合わせる若者、「醤油×ヨーグルト」「醤油×りんごジュース」など既成品と組み合わせる若者など、多くの事例が見つかりました。携帯用にMY醤油を持ち歩くなど、醤油自体にこだわる若者も現われています。
キッコーマンによると、「元々しょうゆ中には300種類以上の香り成分が確認されており、その中には花や果物の香りの主成分も含まれています。その他、甘味を引き立てる効果もあります」とのこと。そのため顧客トレンドチームでは「醤油はフルーツやバニラアイスにかけても相性が良い。先進的な醤油の使い方をする人たちの間では、もはや“隠れた新定番”ではないか」と考えています。

今後の展望

今後も各社では、企業間連携によるデータ活用を通じて、生活者の声を活かした商品企画、宣伝・販売コンテンツの開発などに取り組む予定です。

データエクスチェンジコンソーシアムについて

企業や組織を越えたデータ流通を促進するため、必要な知見の共有、環境整備、ガイドライン作りを行う団体です。参加企業の共同で、自社データを組み合わせた実証実験を行うほか、個人情報保護や人材育成、プラットフォームについての検討会も開催しています。

データエクスチェンジコンソーシアム事務局

プレスリリースに掲載されている、サービス内容、価格、その他の情報は、発表日現在の情報です。
その後、様々な要因から予告なしに変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社インテージ

株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚純晃)は、「Create Consumer-centric Values ~ お客様企業のマーケティングに寄り添い、共に生活者の幸せを実現する」を事業ビジョンとして掲げ、様々な業界のお客様企業のマーケティングに寄り添うパートナーとして、ともに生活者の幸せに貢献することを目指します。生活者の暮らしや想いを理解するための情報基盤をもって、お客様企業が保有するデータをアクティベーション(活用価値を拡張)することで、生活者視点にたったマーケティングの実現を支援してまいります。

報道機関からのお問い合わせ

株式会社インテージ

広報担当
石渡(いしわた)
電話番号
03-5294-6000