Search

キーワードを入力してください

2017/12/11掲載・執筆・登壇

インテージ社員の執筆本 「デジタル時代の基礎知識『リサーチ』 」 発売開始

この度、インテージ社員の執筆本が翔泳社より出版されました。
従来のリサーチ領域から最新テクノロジーを活用したデータドリブンマーケティングの領域まで、リサーチの初学者を対象に「リサーチの大枠」をつかんでいただける内容になっています。

「リサーチが何に役立つのか知りたい」、「リサーチ活用方法のイメージをつかみたい」、「従来手法から最新トレンドまで幅広く知りたい」、「マーケティングとリサーチの関係を学びたい」、「マーケティングの課題をリサーチで解決したい」などの課題にお応えする一冊です。

research_book1.png

・単行本(ソフトカバー): 192ページ
・価格:本体1,680円+税
・発売日: 2017/12/11
・出版社: 翔泳社
https://www.amazon.co.jp/dp/4798154067/

目次

Introduction デジタル時代の「リサーチ」
・リサーチは誰でもできる
・企業ではなく「生活者」が主役の時代
・多様化する生活者の価値観と嗜好
・企業は生活者の注目を集めたい
・デジタル時代に高まるリサーチの価値

1章 リサーチのきほん
・商品パッケージでよく見る「売上No.1」って本当?
・ビッグデータの源泉は?
・生活者を知るための多彩なリサーチ
・リサーチが事業の成功確率を高める
・アプローチしたい「相手」と「情報」を知る
・リサーチとマーケティングの関係
・ミレニアル世代とジェネレーションZ
・データドリブンマーケティングが注目される理由
・IoTの発展でリサーチはどう変わっていくか?
□Column:データの利活用とテクノロジーで拓かれる未来

2章 リサーチは何の役に立つ?
・ビジネスの意思決定をサポートする
・リサーチとマーケティングのサイクル
・ブランドとエンゲージメント
・オムニチャネル化する生活者の行動を捉える
・「売れた理由」と「売れなかった理由」は何?
・自社の「真の競合」は何か?
・デジタル時代でも変わらない戦略の本質
・ニーズをつかんで需要を創り出す
・顧客のブランドスイッチを促す
□Column:生活者視点を養う方法

3章 リサーチを始める前に
リサーチは課題解決の手段
・「仮説」を立ててみよう
・すでにあるデータを活用する
・フレームワークを活用する
・アウトプット志向でムダをなくす
・リサーチ課題を設定する
・自社で調べるか?他社に委託するか?
・知っておきたい「委託先の選び方」
・品質とコストのバランスを意識する
□Column:思考の枠を広げる

4章 リサーチの方法あれこれ
・パネルとアドホック/定量と定性
・サンプリングデータとビッグデータ
・購買データから買い物の実態を知るには
・誰がどこにいるのか知るにはー位置情報の活用ー
・生活者の意識や価値観を明らかにするには
・広告接触と商品購入の因果関係を調べるには
・メディアを行き来する生活者行動を把握するには
・カスタマージャーニーマップを描きたい
・生活者との共創に取り組む
・行動観察から潜在ニーズを捉えるには
・顧客の表情や視線から深層心理を読み解くには
□Column:デジタル時代、多様なシニア世代にどうアプローチするか?

5章 リサーチの企画と実施
・デジタル時代のリサーチ企画とは?
・なぜリサーチに企画が必要なのか?
・リサーチを企画してみよう
・何の数値を上げるためのリサーチ?
・収集すべき情報を徹底的に考える
・バイアスという名の落とし穴
・定量調査の実施プロセス
・定性調査の実施プロセス
□Column:「お客様の声」こそ、貴重な情報源

6章 リサーチ結果の分析
・データクリーニングの重要性
・多様なデータを使える形に整える
・重要なポイントを「10秒」で伝える
・分析のバリエーションを知ろう
・AIがもたらすデータ分析のイノベーション
・データを集約する情報基盤「DMP」って何?
・データをビジュアル化する
・BIツールとダッシュボードの活用
・グラフィックやイラストの活用
□Column:BtoBマーケティングのリサーチ

7章 リサーチの戦略的活用
・メガトレンド
・マーケティング4.0
・デジタルトランスフォーメーション
・メーカーの商品リニューアル
・小売の個客マーケティング
・メディアのコンテンツ戦略
・リサーチとデータで競争優位を築く
・社内の「共通言語」を作る
・業界横断の「共通指標」を活用する
□Column:リサーチの未来

書籍の紹介・購入者特典

■書籍の紹介(翔泳社)
https://markezine.jp/article/detail/27489

■書籍情報・購入者特典(翔泳社)
https://www.shoeisha.co.jp/book/campaign/dkmr