Search

キーワードを入力してください

2018/06/05掲載・執筆・登壇

日本マーケティング・サイエンス学会にカスタムリサーチ事業本部 伊東祐貴が登壇

6月2-3日に大阪経済大学にて開催された、日本マーケティング・サイエンス学会第103回研究大会にカスタムリサーチ事業本部の伊東 祐貴が登壇いたしました。

20180605_01.png

講演のタイトルは「ブランドの成長に寄与する消費者特性の把握」。
株式会社KSP-SPの塚原 新一氏、株式会社インテージの中野 暁昆 孝との共同研究である本講演では、飲料・食品分野の商品をカテゴリ横断でとらえ、ブランドとカテゴリのそれぞれの成長度合いに焦点を当てた分析結果を発表いたしました。

この研究では、「カテゴリとブランドの売上が共に伸びている場合」、「ブランドは伸びているが、カテゴリが伸びていない場合」といったケースを想定して、それらを購入する消費者の特性から成長要因を説明する分析を行っています。

インテージでは、この研究を通じて、カテゴリの成長段階に応じた生活者のターゲティングおよび施策実施への実務活用を見据えております。

報道機関からのお問い合わせ先

株式会社インテージ

広報担当
西澤(にしざわ)
電話番号
03-5294-6000