Search

キーワードを入力してください

2018/10/18掲載・執筆・登壇

日本広告学会 第49回全国大会にインテージ登壇

10月12日〜14日に名古屋学院大学で開催された日本広告学会 第49回全国大会に、弊社 Life Log Data事業本部クロスメディア情報部 山津 貴之が登壇しました。

主な内容

  • 発表テーマ:「テレビ視聴における地域性と広告への応用」
  • 共同研究者:同 中野 暁、李 相吉
  • 本研究の目的:「テレビ視聴にはどのような地域差が存在するか」「地域差の要因はどのように説明できるか」を広告出稿の視点からの解釈する
  • 本研究のポイント:
    【時間帯別の視聴率】
    • 視聴率の高い時間帯は地域によって異なる
      ⇒同じ時間帯に出稿しても、CMリーチは地域によって異なってくる
    • 地方の過疎化と都市への人口流入のテレビ視聴時間帯への影響
      ⇒テレビ視聴は今後全体として夜型へ向かうか
    【放送局区分別の視聴率】
    • 民放視聴割合は民放局数に影響されるが、どの地域もおおよそ7~8割
      ⇒ネットタイムCMは局数の少ない地域でGRPが高くなりやすく、オーバーフリークエンシーしやすい

研究者の方を中心にお集まりいただき、発表後には分析方法や、若者のテレビに対する意識についてなど、活発なご質問をいただきました。

資料

報道機関からのお問い合わせ先

株式会社インテージ

広報担当
西澤(にしざわ)
電話番号
03-5294-6000