Search

キーワードを入力してください

2019/02/20掲載・執筆・登壇

マーケティング・テクノロジーフェア 2019にインテージ登壇

2月8日に都内で開催されたマーケティング・テクノロジーフェア 2019の、「“フリマアプリがもたらす消費行動の変化”~(新)デジタル統合視聴率データから考察する消費者プロフィールとは~」に、弊社開発本部先端技術部の深田 航志がモデレーターとして参加。ゲストの株式会社メルカリの シニアマーケティングスペシャリスト南坊 泰司氏とセッションを行いました。

20190219_01.jpg

始めに深田が同日発表された弊社の新商品「デジタル統合視聴率(ベータ版)」を紹介。「スマートフォン、パソコン、両デバイスを併用する各ユーザーのログデータを一元化し、デジタルメディアの推定利用者数、利用率、利用時間、利用デバイスなどの利用実態を正確に計測できるデジタル統合視聴率(ベータ版)で、広告会社が効率的にメディア選定でき、メディアの実態を把握できる」と新サービスの利点について話しました。

実際に「デジタル統合視聴率(ベータ版)」を使用してフリマアプリのユーザーを年齢や使用頻度から分析。5000億円規模と急成長した市場をけん引するメルカリの南坊氏からは、ユニクロの商品が同アプリ上で売れていることやサブスクリプションの拡大など、生活者の意識に大きな変化が現れていることが報告されました。

20190219_02.jpg

最後の質疑応答の時間では、参加者からサブスクリプション関連の質問が出るなど活発な議論が行われました。

また深田は、同日2つ目のセッションとして「ブロックチェーン×マーケティング、社会実装の現状と2019年の野望」にも登壇しました。

20190219_02.jpg

報道機関からのお問い合わせ先

株式会社インテージ

広報担当
下河原(しもがわら)
電話番号
03-5294-6000