【調査レポート】募金・寄付に関する意識調査
PICK UP
  • 最近1年間で約6割の人が募金・寄付に協力している
  • 募金・寄付した理由は、「募金・寄付の趣旨に賛同したから」
  • 一方、しない人の理由トップは「お金がないから」
マーケティングリサーチ最大手の株式会社インテージは、2009年9月8日~9月10日に、インテージ・ネットモニター“キューモニター”のうち全国の15才以上の男女個人を対象として『募金・寄付に関する意識調査』を実施し、1,000名から得られた回答結果をまとめました。
調査概要
調査方法
インターネット調査
調査地域
全国
調査対象者
インテージ・ネットモニター“キューモニター” 15才以上男女個人
回答者の構成
男性500人/女性500人の合計1,000人
ウェイトバック後の構成
男性484人/女性516人の合計1,000人
調査期間
2009年9月8日(火)~9月10日(木)
調査実施機関
株式会社インテージ・インタラクティブ
※国勢調査の人口構成比に合わせ、性×年代×エリアでウェイトバック集計し、分析した
調査結果
※「募金・寄付」:現金での寄付を含む。以下、選択肢以外は「募金」と表記
【全質問共通コメント】
※寄付については、物品の寄付は含まず、現金の寄付についてのみお答えください。
※クリック募金や集めたポイントの寄付等、ご自分の金銭を募金、寄付しない場合を除いてお答えください。

1. 最近1年間で約6割の人が募金に協力。募金の方法・場所は、10代は「学校や職場での募金」、50代以上では「地域での募金」が多い

最近1年間の募金経験を聞いたところ、「1年間に募金・現金の寄付をした」人は58.3%。約6割の人は募金に協力している模様。
募金方法・場所については、10代は「学校や職場での募金」(56.4%)、「お店に設置された募金箱」(50.8%)が多く、20代、30代は「お店に設置された募金箱」(55.7%、35.4%)、40代は「街頭募金」(40.4%)、50代では「地域での募金」(53.8%)が最多。年代によって違いが見られた。

Q1.
あなたは最近1年間で募金・寄付をしましたか。協力された方は場所、方法をすべてお答えください。(回答はいくつでも)
[表1-1]
最近1年間の募金の有無

[表1-2]
年代別の募金方法・場所(ベース:最近1年間に募金をした人)

2. 協力した募金は「災害救援支援」がトップ

協力した募金の用途・目的としては「災害救援支援」が34.6%とトップ。次いで「社会福祉(高齢者支援、自殺予防など)」(26.3%)。

Q2.
最近1年間に募金・寄付をしたとお答えの方にお伺いします。
あなたは最近1年間にどのような目的の募金・寄付に協力しましたか。(回答はいくつでも)
[表2] 
年代別(「知らない」、「覚えていない」の回答を除く)

3. 募金した理由のトップは「募金・寄付の趣旨に賛同したから」

募金に協力した理由で最も多いのは「募金・寄付の趣旨に賛同したから」(51.9%)。ただし、10代、20代は「社会に貢献したいと思ったから」という理由が最も多く(50.5%、42.4%)、内容よりも社会貢献という行為を重視しているようだ。

Q3.
最近1年間に募金・寄付をしたとお答えの方にお伺いします。
あなたが募金・寄付に協力した理由をお答えください。(回答はいくつでも)

4. 募金をしない人の、“しない理由”トップは「お金がないから」

募金をしていないと回答した人の“募金をしない理由”は、「お金がないから」が35.5%でトップ。次いで「募金・寄付の使用用途がわからないから」(29.5%)、「募金を求められたことがない・募金箱を見たことがない」(25.7%)。

Q4.
最近1年間に募金・寄付はしていないとお答えの方にお伺いします。
あなたが募金・寄付に協力しなかった理由をお答えください。(回答はいくつでも)

5. 募金金額は、方法・場所別で差がある。『街頭募金』での1回の平均募金額トップは「100円~499円」

募金の方法・場所別の平均金額は、『街頭募金』と『学校や職場での募金』のトップは「100~499円」(65.2%、44.8%)。『お店に設置された募金箱』は「10~49円」(29.3%)、『地域での募金』は「500~999円」(42.2%)がトップとなり、方法・場所別の金額差が見られた。

Q5.
最近1年間に募金・寄付をしたとお答えの方にお伺いします。
あなたの1回あたりの平均募金額・寄付額を教えてください。(回は横の行ごとに1つずつ)

6. 不況の影響は募金にも?

最近1年間の募金に対する行動を聞いたところ、以前は募金をしていた人のうち4割以上が「募金しなくなった・募金額が減った」と回答。募金にも不況の影響が出ているようだ。
一方、「以前も最近も募金をしており、金額にも変化なし」と回答した人も約5割。各年代でばらつきはあるが、募金が習慣化している人も一定の割合でいるように思われる。

Q6.
全員にお伺いします。
以前と比べて、あなたの募金・寄付に対する行動に変化はありましたか。(回答は1つ)
[表6] 
(ベース:「以前、募金経験あり」)

ページTOPへ

転載・引用について

本レポートの著作権は、株式会社インテージが保有します。本レポートの内容を転載・引用する場合には、出所として弊社名(株式会社インテージ)、調査名称および調査時期を明記してくご利用ください。

ex)
インテージ ビジネスパーソン意識調査『男性の美容意識』 2015年2月調査
株式会社インテージのビジネスパーソン意識調査『男性の美容意識』(2015年2月調査)によると・・

【転載・引用に関する注意事項】
 以下の行為は禁止いたします。
・本レポートの一部または全部を改変すること
・本レポートの一部または全部を販売・出版すること
・出所を明記せずに転載・引用を行うこと
・公序良俗に反する利用や違法行為につながる可能性がある利用を行うこと

※転載・引用されたことにより、利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。
※この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません。

本調査に関するお問い合わせはこちらまで
お問い合わせ

株式会社インテージ 広報担当
TEL:03-5294-6000 FAX:03-5294-8358

ネットリサーチや市場調査など、
弊社サービスについてのお問い合わせはこちらまで
お問い合わせ

調査会社概要

【株式会社インテージ】 http://www.intage.co.jp/
株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃)は、「Create Consumer-centric Values 〜お客様企業のマーケティングに寄り添い、共に生活者の幸せを実現する」を事業ビジョンとして掲げ、様々な業界のお客様企業のマーケティングに寄り添うパートナーとして、ともに生活者の幸せに貢献することを目指します。生活者の暮らしや想いを理解するための情報基盤をもって、お客様企業が保有するデータをアクティベーション(活用価値を拡張)することで、生活者視点にたったマーケティングの実現を支援して参ります。

【株式会社インテージ・インタラクティブ】
株式会社インテージ・インタラクティブは、国内におけるマーケティングリサーチの草分けであるインテージグループの一員として、インテージの持つ「知見」や「ノウハウ」を活用し、早さや手軽さだけではない「品質」を重視したインターネットリサーチサービスを提供しています。

※平成22年4月1日をもって株式会社インテージへの吸収合併
Page Top
Copyright © 2014 INTAGE Inc. All Rights Reserved.

株式会社インテージ