Search

キーワードを入力してください

デイリートラッキング調査

デイリートラッキング調査は、「認知率」や「購入意向率」といった商品やサービスに関する基礎指標となるデータを日次で取得し、日々刻々と変化する消費者の意識データをトラッキングするサービスです。自社ではコントロールできない外部環境の変化を日次単位で捉えたり、マーケティング施策の評価をリアルタイムで行うことで、施策検証・修正プロセスの高速化を可能にします。

デイリートラッキング調査の特徴

課題に合わせた調査パッケージ提供

トラッキング調査をイチから実施するには、運用フローの構築や設計等に手間もコストもかかります。
インテージでは、これまでに培ったノウハウを基に、低コストで実施できる運用フロー・調査票をパッケージ化しました。

広告出稿やキャンペーン効果測定を始めとする、1~3ヶ月間程度の比較的短期間での実施から、商品・サービスのKPI管理を目的とした年単位の長期間での実施まで、様々なご要望に対応します。

これまで日次で調査を行う際の課題であった、長期にわたるフレッシュサンプル(重複しない回答者)の確保と大量サンプル化に伴うコスト増にも対応。
独自のノウハウで分析する事により、1日あたりのサンプル数を最小限に設定して、低価格を実現しました。
また、業界最大規模となる440万人を超えるマイティモニターにて実施するため、長期間フレッシュサンプルでの回収も可能です。
※調査の仕様や対象者条件等により、フレッシュサンプルでの回収可能期間は異なります。

様々なシステムと連携可能

デイリートラッキング調査で聴取したデータについては、「INTAGE connect」を介することで、様々なシステム・分析ツールとの連携が可能です。
すでにご利用いただいているインテージのSCIやSRI等と紐づけて分析することはもちろん、普段お客様がお使いになっているBIツールへ連携し、各種保有データとの統合的な分析を可能にします。
トラッキング対象のサービス(商品)の特性や課題、日々のお客様の作業環境にあわせて提案します。

※各種システム連携については、オプション機能となります。デイリートラッキング調査のサービスパッケージに含まれておりませんので、仕様検討からのご対応となります。(別途費用)

システム連携イメージ図

トライアル期間を設定

デイリートラッキング調査については、その性質上、調査開始後に調査仕様を変更することができません。
確実に必要なデータを聴取できるよう、今回のパッケージの基本項目には「トライアル期間」を実装しました。
トライアルを実施することで、回答の傾向やアウトプットの構成など、実際に聴取したデータでないと判断できない事項を事前にチェック・調整し、ご納得の上で本格導入していただくことが可能です。

デイリートラッキング調査の概要

キャンペーン等の施策を実行した期間において、商品やブランド、サービスカテゴリーの「認知率」や「購入意向率」等を聴取するWeb調査を毎日実施します。
日次の変動を検証することにより「施策の評価」を迅速に行い、Next Actionにつなげることができます。
また、中長期間にわたって対象商品・サービスのKPIとなる指標を日次で計測することで、外部環境要因の影響などを早期に検知することができるようになります。


【トラッキングデータイメージ(キャンペーン効果測定)】

トラッキングデータイメージ図

●調査質問例(キャンペーン効果測定調査)
 ・ブランド純粋想起率
 ・ブランド認知率(助成想起)
 ・ブランドイメージ
 ・ブランド購入/利用経験率
 ・ブランド購入/利用意向率
 ・広告/キャンペーン認知率
 …等
 ※具体的な聴取内容はご要望に応じて変更いたします。実査期間中は固定の聴取内容となります。

質問例イメージ図

費用とスケジュール例

●費用例

費用とスケジュール例イメージ図

※上記は、参考費用となります。お見積りにつきましては、ご要望にあわせて別途ご提示させていただきます。
※インテージ各種サービスとの連携につきましては、別途お見積りをさせていただきます。

●スケジュール例
トライアル調査スケジュール

トライアル調査スケジュールイメージ図

アウトプット作成後に検証を実施し、本番調査に向けての調整を適宜実施いたします。

本番調査スケジュール

本番調査スケジュールイメージ図

貴社の課題を解決するマーケティングリサーチをご提案します。

お気軽にお問い合わせください。担当者より、ご連絡いたします。

サービスに関するお問い合わせ

このページをご覧になっている方へおすすめサービス

関連資料・調査レポート