Search

キーワードを入力してください

PAC-i

顧客の価値構造を可視化し、新たな価値を見いだす

概要

PAC‐iは、定性調査で実施するPAC分析を、定量調査で実施し、マップを生成することで、対象者全体の価値構造を明らかにします。

PAC分析は、対象者一人ひとりの価値構造を深く明らかにするのに対し、PAC‐iは、対象者全体の価値構造を広く明らかにするメリットがあります。PAC-iは、対象者から得られる自由連想によって、「マインドディスカバリーマップ」が描かれます。マインドディスカバリーマップの読み解きにより、仮説に縛られないニーズ探索、アイデア発掘につなげます。

こんな課題に対応しています

生活者の価値観の定量的理解

市場導入にあたり、カテゴリーニーズや自社ブランドについての生活者の価値を理解したい

テーマに対する生活者の意識整理

漠然としている生活者の意識を整理し、新たな価値を発見したい

ブランドイメージ把握

ブランドに対する知覚構造を生活者の表現で把握し、ブランド施策に役立てたい

PAC-iのアウトプット『マインドディスカバリーマップ』の読み解き方

PAC-iのアウトプット、マインドディスカバリーマップはどう読みとけて、どういう価値につながるのか、動画で解説します。

関連リンク

調査設計例

調査手法 インターネット調査 Pac-i分析
職業/調査協力履歴による除外条件
  • 本人または同居家族が、次の職業に従事している場合は除外
  • 飲料・食品製品/マスコミ・広告、新聞・放送業/市場調査・直近の御社ヘアケア関連の調査対象者(回答ベース)は除外
標本抽出方法 インテージ・ネットモニター(マイティモニター)より上記条件適格者を抽出
標本サイズ 3,000s(有効回収ベース)母集団準拠回収なし。各性年代500sずつの回収想定です。 条件などによってご相談させていただきます。
調査ボリューム
SCR調査
10問
本調査
25問まで(弊社Pac-i分析 カウント方法による)
  • マインドディスカバリーマップは最大6枚作成する想定です。
サービスの範囲 調査票作成~調査画面作成~実査~集計~分析・報告書作成~ワークセッション~ご報告
特殊データ処理 多変量解析:Pac-i、共起性分析
納品物
  • 分析報告書(PPT形式)
  • 最終アウトプットに含む

貴社の課題を解決するマーケティングリサーチをご提案します。

お気軽にお問い合わせください。担当者より、ご連絡いたします。

サービスに関するお問い合わせ

このページをご覧になっている方へおすすめサービス

関連資料・調査レポート