Search

キーワードを入力してください

ブランド診断・顧客満足度測定

「ブランド診断・顧客満足度測定」の対応課題

課題 1

短期的なマーケ施策により、ブランド価値が毀損していないかを確認したい

課題 2

ブランドの課題や強みを明らかにし、ブランドを強化する方向性を定めたい

課題 3

顧客満足度を測り、満足度を上げるための課題を捉えたい

市場環境が年々変化する中、ブランドを継続的に維持・成長させていく上では、定期的に診断を行い、課題を捉えて対処していく必要があります。

長期にわたって育成していく上では、ブランドが持つ資産(ブランド・エクイティ)を明らかにし、コアとなる価値や強化すべき価値、顧客との結びつきを高めてくれる要素を守っていくことも必要です。

インテージでは、ブランドや市場環境の変化を継続的に捉えられるパネルデータや、大規模な顧客満足度調査データベース、多様なリサーチ手法により、短期的な視点と中長期的な視点それぞれでブランドの課題を抽出し、強いブランド作りを支援しています。

インテージの「ブランド診断・顧客満足度測定」の特長

1ブランドの課題を俯瞰して捉えられる多様なパネルデータ

インテージでは全国約4,000店の小売店の販売データ〈SRI〉、全国約52,000人の消費者の購買ログ〈SCI〉を保有しています。
これらのデータから、現在の市場環境やブランドのポジション、さらに店頭価格や配荷、取扱いアイテム数といった販売構造に見られる課題、競合とのターゲットの流出入といったユーザー構造に見られる課題を明らかにし、現状の診断と次の戦略検討につなげます。

2ブランド強化のカギを捉える多様なリサーチ手法

生活者の言葉からブランド独自の価値を明らかにする手法や、ブランドとファンの絆育成につながったユーザー体験を明らかにする手法を用いてブランド資産を整理し、強化する方向性の検討につなげます。

3日本最大級の大規模な顧客満足度調査

インテージが毎年実施しているJCSI(日本版顧客満足度指数)は、複数回の実証調査を繰り返しながら産官学の連携により開発された、日本のサービス産業(31業界、378社)の顧客満足度を、共通の指標(モノサシ)で測定する日本最大級の顧客満足度調査(調査対象のべ12万人)です。

「ブランド診断・顧客満足度測定」
を支援するソリューション

ブランドの診断に

顧客満足度の測定に

中長期的なブランド育成方針の検討に

貴社の課題を解決するマーケティングリサーチをご提案します。

お気軽にお問い合わせください。担当者より、ご連絡いたします。

サービスに関するお問い合わせ

このページをご覧になっている方へおすすめサービス