Search

キーワードを入力してください

i-Conjoint

概要

商品やサービス構成要素に対する選好を分析し商品選択行動を知る

こんな課題に対応しています

商品開発の方向性

商品開発の方向性を決めるにあたり、銘柄、機能特徴、価格に対する消費者の選好を知りたい

開発すべき商品の機能・特徴がわかる

機能特徴、価格に対する選好を比べることで、開発で優先するべき機能・特徴の絞り込みが可能です

商品スペックの検討

新製品の搭載スペックについて、消費者のニーズをもとに優先づけをしたい

搭載すべきスペックの優先度がわかる

消費者が購買時に注目している要素が明らかになり、搭載するスペックの優先度がわかります

商品の改良

商品の特徴について、消費者の選好を明らかにし、改良点を洗い出したい

マインドシェアを最大化する商品改良案を策定できる

商品特徴のシミュレーションから、マインドシェアを最大化する機能特徴を明らかにし、改良案の策定が可能です

アウトプットイメージ

商品を構成する各機能に対して、生活者が感じている重要度が分かります

商品の構成要素に対する価値を数値化し、生活者が各要素に感じている価値を明示します

任意の要素を組み合わせた仮想商品に対する評価が分かります

よくあるご質問

従来のコンジョイントの場合は「カードを並べて順位や得点で評価する」のに対して、i-Conjointは「提示された商品群の中で一つを選ぶ」という選択で評価を行います。そのため、より購買行動に近い形で答えることが可能です。

商品構成要素の属性と水準数により、i-Conjoint BasicAdvanced を決定します。Basicでは8属性、7水準までに対応。Advanced よりシンプルなフロー。Advancedは15属性、15水準まで扱えます。属性・水準数が多くても高精度な分析ができる構成です。

貴社の課題を解決するマーケティングリサーチをご提案します。

お気軽にお問い合わせください。担当者より、ご連絡いたします。

サービスに関するお問い合わせ

このページをご覧になっている方へおすすめサービス