Search

キーワードを入力してください

SCIターゲットセグメント

概要

消費者の購買ログと意識が紐づいたデータベース上で課題に応じた消費者セグメンテーションを行い、狙う価値のあるターゲットの選定からターゲット像に沿った施策の検討、効果測定までを一貫してサポートします。

こんな課題に対応しています

性年代ではなく、消費者の多様なニーズ・行動を反映した独自のターゲティングを行いたい

ターゲット像を明確に描き、一貫した商品施策、コミュニケーション施策、店頭施策を実施したい

特徴

性年代だけでなく、ライフスタイルや買い物実態などの多様な切り口で独自性の高いセグメントを作成できます

想定しているターゲットが持つ市場規模が わかり、投資価値の判断をサポートします

多様なデータでターゲット像を詳細に描き、 一貫性のあるマーケティング施策の 検討につなげます

狙ったターゲットが実際に買ってくれたのか、 効果検証が可能です

セグメントの切り口例

以下のような切り口でセグメントすることが可能です

価値観、ニーズ 健康を気にしていて、お金をかけても健康にいいモノを取り入れたい人
「時短重視・メニュー固定タイプ」「時短しながらメニュー探索」
買い方の特徴 味のバラエティに富んだマルチパック商品を3回に1回は買う人
競合ブランドを買いつつ、完全にブランド固定はしていない人
メディアによるコミュニケーションでの狙いやすさ 「TV&スマホ話題重視マジョリティタイプ」
「PC&スマホネットライフタイプ」

プロセス例

Step1 ターゲットのセグメンテーション 意識データや購買実態データを用い、ターゲットとして狙いたい人を定義します
狙いたい人が決まっていない場合は、狙いやすい人を探索します
Step2 ターゲットとしての価値判断 切り出したセグメントの持つ市場規模や、自社の占有率、特徴的な買い回りアイテム、施策に対する反応性などから、投資する価値のあるセグメントか?を判断し、ターゲットを確定します
Step3 ターゲットプロファイリング~施策検討 ターゲット層を属性や価値観、商品の選択基準、購入チャネルや購買行動特性など、豊富なデータでプロファイリングします
ターゲット像を関係部署間で共有することで、消費者を介した、一貫した施策立案に繋げます
Step4 施策効果トラッキング 施策実施後、ターゲット層が実際に反応したのか、パネルデータでターゲット層の購買行動を追うことで評価します

貴社の課題を解決するマーケティングリサーチをご提案します。

お気軽にお問い合わせください。担当者より、ご連絡いたします。

サービスに関するお問い合わせ

このページをご覧になっている方へおすすめサービス

関連資料・調査レポート