Search

キーワードを入力してください

JCSI(日本版顧客満足度指数)

インテージが利用推進パートナーとなっている日本最大級の顧客満足度調査

JCSIは、経済産業省の取り組みとして、サービス産業生産性協議会を中心に、複数回の実証調査を繰り返しながら、2007から2009年度にかけて、産官学の連携により開発された、日本最大級の顧客満足度調査です。

インテージは普及・事業化の段階で深く関与をしており、「利用推進パートナー」として、JCSIを活用した提案・分析/コンサルティングを実施しています。

対象業種数
34業種
対象企業数
400社以上
1年間の延べ回答者数
12万人以上

JCSI運営体制

インテージグループでは、JCSIの利用推進パートナーとして、JCSIを活用したリサーチ・コンサルティングを実施しています。

JCSIの特長

業種を超えた比較が可能

JCSIは34業種400社以上の企業を対象としています。同じ調査項目で聴取しているため、業種を超えたポジショニングの比較が可能です。

業種を超えたCS評価の可視化

6指標による因果関係の可視化

消費者の心の動きを消費者が満足するまでの過程と、その満足がロイヤルティ形成に至るまでの過程の因果関係をモデル化し他社比較、および他業界比較を可能にします。

こんな課題ありませんか?

課題①:自社評価やポジションを把握し自社への満足度を知りたい

「顧客期待」「知覚品質」「知覚価値」「顧客満足」「クチコミ」「ロイヤリティ」という主要6指標をスコア化し、各指標の水準値を他社・他業界と比較することで、業界を超えた顧客満足度指数を知ることができます。

6指標得点の競合他社比較

ばらつきの把握と競合把握

課題②:経営・事業戦略の指標として活用できる中長期的な指標が欲しい

  • JCSIをKPI指標として設定し、経営ー部門ー現場が同じ情報をもとに現状を把握するための見える化を実現します。
  • 現状を客観的に把握し、貴社を取り巻く環境を踏まえて、課題の抽出/体系化を実施しています。
  • 既存のJCSI分析だけでなく、各部門・現場課題解決のための顧客調査(グループインタビュー、定量調査等)も実施し、貴社のCS戦略実行のご支援しています。

ピラミッド図。下から「現場活性化支援としてのCS(現場)」「マーケティング活動支援としてのCS(部門、マーケティング部・各事業部)」「経営目標としてのCS(経営、経営企画部)」

インテージにお任せください! 解決へのアプローチ・効果

JCSI利用推進パートナーのインテージでは、JCSIフレームを活用した独自のカスタマイズ調査の実施が可能です。より貴社の状況に合わせたCSリサーチ体系構築をご支援いたします。

JCSIの調査フレームを活用した独自調査の構築

Step1

JCSIによる課題抽出・業界内ポジショニング確認

Step2

貴社独自のSQI(品質評価項目)の構築・貴社に合わせたサンプル数の設計

Step3

基幹調査としての定着化・現場活動とのリンケージ

貴社の課題を解決するマーケティングリサーチをご提案します。

お気軽にお問い合わせください。担当者より、ご連絡いたします。

サービスに関するお問い合わせ

このページをご覧になっている方へおすすめサービス