Search

キーワードを入力してください

マーケティング効果測定

「マーケティング効果測定」の対応課題

課題 1

新商品の課題を早期に発見し、施策の改善につなげたい

課題 2

広告効果を測定し、効果的なメディアプランニングにつなげたい

課題 3

店頭販促の効果を測定し、より効果的な販促企画につなげたい

商品発売やマーケティング施策実行の後は、実績や施策効果を早期に測って課題を捉え、改善を検討する、PDCAにおけるCheckとActionのプロセスが重要です。

インテージでは、「店頭販売」「施策実施」「購買実績」「広告接触」の実態を継続的に捉えているパネルデータや多様なリサーチ手法、データから施策効果を可視化するデータサイエンス技術などで、効果のチェックからアクションを取るべき課題の抽出までを支援しています。

インテージの「マーケティング効果測定」の特長

1課題の早期発見を可能にする、多様なパネルデータ

インテージでは全国約4,000店の小売店の販売データ〈SRI〉をはじめ、店頭プロモーション実施実態〈SPI(全国店頭プロモーション調査)〉、消費者の購買ログ〈SCI〉、メディア接触ログ〈i-SSP〉といった多様なパネルデータベースを保有しています。
これらのデータを追うことで、販売やターゲット獲得といった実績上の課題、さらに広告の到達、店頭プロモーション効果といった施策上の課題を早期に発見することが可能です。

2施策の効果を可視化し、ROI向上に寄与するデータサイエンス技術

インテージが保有する販売データと店頭、広告などの各種施策のデータを用い、売上と施策の関係性をデータサイエンス技術と市場に対する知見に基づいてモデル化することで、各種施策の効果を可視化し、より効果的な施策配分の検討につなげられます。

3目的に応じた多様なリサーチ手法

消費者パネルのモニターに対して商品を誤認することなく記憶を尋ねるリサーチ手法や、Webや交通広告などの多様な接点で情報接触する度に気持ちの変化を捉えるスマホリサーチなど、商材の特性に合った手法をご提供しています。

「マーケティング効果測定」
を支援するソリューション

商品・サービス戦略の評価に

広告・メディア戦略の評価に

流通戦略の評価に

貴社の課題を解決するマーケティングリサーチをご提案します。

お気軽にお問い合わせください。担当者より、ご連絡いたします。

サービスに関するお問い合わせ

このページをご覧になっている方へおすすめサービス

関連資料・調査レポート