ナビゲーションに移動 コンテンツに移動
  1. HOME
  2. サービス
  3. パネルリサーチ(シンジケート調査)
  4. i-SSP® (インテージシングルソースパネル)

i-SSP® (インテージシングルソースパネル)

i-SSP(インテージシングルソースパネル)とは

 

クロスメディア環境下での「情報接触」と「消費行動(購買・意識)」の関係性を捉える、
国内最大規模のクロスメディアシングルソースパネルです。

メディア接触と
購買との
シングルソース
データ

同一個人からPC・モバイル・
テレビなどのメディア接触データ
と購買データを収集

ログデータ形式で収集

ログデータ形式(機械式)で
データを収集することで、
正確かつ詳細な事実に基づく
分析が可能

時間軸を踏まえた分析が可能

同一個人から恒常的にデータを
取得しているため時間軸を
踏まえた分析が可能

豊富な属性

デモグラフィック属性、サイコ
グラフィック属性など
豊富な属性を保有

提供価値

 

同一個人でクロスメディア接触や広告接触と心理・態度変容の相関を検証することで、
キャンペーンの効果測定、メディアプランの見直しなどにご活用いただけます。
これらを通して、コミュニケーション施策の統合マネジメント実現をサポートします。

活用シーン

 
 
  • 【分析イメージ】 プロファイリング

     

    保有属性とメディア接触ログを活用し、
    ターゲットのメディア接触特性を理解

    カテゴリー購入者のメディア接触時間帯、接触率が高い番組を、
    ターゲットとなるデモグラフィック属性と比較。
    メディアバイイング枠や時間帯の見直しに活用。

    保有属性とメディア接触ログを活用ターゲットのメディア接触特性を理解
  • 【分析イメージ】 リーチ測定

     

    Web広告やテレビCMの
    リーチやフリークエンシーを確認

    同一サンプルベース、同一指標でweb広告とテレビCMの
    接触状況(クロスメディアリーチ)の確認が可能。

    Web広告やテレビCMの<br>リーチやフリークエンシーを確認
  • 【分析イメージ】 効果測定

     

    Web広告やテレビCMの実購買・
    態度変容への効果を測定

    同一個人から購買とメディア接触データを収集。
    また、キャンペーン前後にアンケートを実施することで
    態度変容の効果も測定可能。

    Web広告やテレビCMの実購買・態度変容への効果が測定可能

調査概要

 

パネルリサーチ(シンジケート調査)リンク

 

商品・サービスに関するお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。担当者より、ご連絡いたします。

お問い合わせ