Search

キーワードを入力してください

MAT-kit®(金融パネル)

MAT-Kitとは、金融業界(生保・損保、銀行・証券)利用状況に関する自主企画の年次調査です。毎年約70万人を回収する大規模調査ですので、消費者の利用状況から市場実態、競合状況、ロイヤリティ等、様々なデータが得られます。生保・損保版では、CS調査のラインナップもございます。

Mat-kit ロゴ

MAT-kitの概念図

MAT-kitの特長

国内最大規模のサンプル

弊社の保有・提携するモニターを対象にアンケートを実施しているため、約70万人のデータを確保。
県内エリア別はもちろん、市区町村別での競合状況も把握できます。
また、高齢・富裕層など、出現率の低いセグメントのデータもご確認いただけます。

全国約300金融機関・保険会社の利用実態を聴取

銀行/信用金庫・組合/労働金庫/証券会社約200機関、生命保険44社、損害保険(自動車保険)20社の利用実態を聴取しており、今までデータで確認できなかった自社・競合の利用実態が把握できます。

費用効率よく調査を実施する事が可能

約70万人に、金融機関の利用情報が付与されている為、調査の内容によっては、スクリーニング調査が不要、または必要最小限の回収数での実施が可能となり、実施費用の削減が可能になります。

豊富なラインアップ。自社で調査を実施するより低コスト

各業界、注目領域の調査を複数実施しています。今後も市場環境に合わせ、調査バリエーションを増やしていく予定です。マルチクライアント式調査なので、自社で調査を実施するよりもコストを抑える事ができます。

MAT-kitのラインアップ

銀行・証券

調査名 調査内容調査実績
金融行動調査
  • 全国約70万人回収の業界最大規模調査
  • 銀行/証券の利用会社・サービス等を聴取
  • マーケット分析や調査実施時のサンプル抽出費用軽減に活用
  • 2014年8~9月
  • 2015年6~7月
  • 2016年4~5月
  • 2017年4~5月
  • 2018年4~5月
  • 2019年4~5月
  • 2020年4~5月
  • 2021年4~5月
銀行利用実態
・CS調査
  • 一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)、二府二県(大阪・京都・兵庫・奈良)を対象エリアとした、サンプル数業界最大数のCS調査。
  • CSだけでなく利用実態も詳細に把握でき、競合比での自行の強みや課題がわかる。
  • 2014年9月18167s
  • 2015年9月17449s
  • 2016年9~10月17483s
  • 2017年10月17248s
  • 2018年10月17701s
  • 2019年10月17701s
  • 2020年10月20531s
住宅ローン契約
実態調査
  • 一都七県(東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・茨城・栃木・山梨)、二府二県(大阪・京都・兵庫・奈良)を対象エリアとした調査。
  • 直近1年以内、住宅ローン新規契約・借換者を対象。
  • 住宅ローン顧客獲得や流出減の施策検討に有効。
  • 2014年9月一都七県4998s
  • 2014年11月二府二県1564s

生保・損保(自動車保険)

調査名 調査内容調査実績
金融行動調査
  • 全国約70万人回収の業界最大規模調査
  • 生保/損保(自動車保険)の利用会社・サービス等を聴取
  • マーケット分析や調査実施時のサンプル抽出費用軽減に活用
  • 2014年8~9月
  • 2015年6~7月
  • 2016年6~7月
  • 2017年6~7月
  • 2018年6~7月
  • 2020年6~7月
  • 2021年6~7月(予定)
生命保険
一般層CS調査
  • 主要22社の契約者を対象。
  • 競合比での自社の強みや課題がわかります。
  • 強化・改善すべき「セールス時」「アフターフォロー時」の具体的アクションを導出。
  • 2014年9月5069s
  • 2015年7月5585s
  • 2016年7月18727s
  • 2017年7月18991s
  • 2018年7月18679s
  • 2019年6~7月20390s
  • 2020年7月23101s
  • 2021年6~7月(予定)
生命保険
募集層CS調査
  • 主要22社の直近1年契約者を対象。
  • 競合比での自社の強みや課題がわかります。
  • 契約時の詳細プロセスや評価を把握し、満足度上昇のため必要なアクションを導出。
  • 2016年8月16158s
  • 2017年7~8月16166s
  • 2018年7月16519s
  • 2019年6~7月17941s
  • 2020年7~8月17971s
  • 2021年6~7月(予定)
生命保険
請求層CS調査
  • 主要22社の直近1年給付金・保険金請求者を対象。
  • 競合比での自社の強みや課題がわかります。
  • 請求時の詳細プロセスや評価を把握し、満足度上昇のため必要なアクションを導出。
  • 2016年8月13280s
  • 2017年7~8月13160s
  • 2018年7月13264s
  • 2019年6~7月14435s
  • 2020年7~8月13759s
  • 2021年6~7月(予定)
事故対応CS調査
  • 直近1年以内自動車保険請求者を対象。
  • 直近1年以内請求者と、データ精度も高い調査。
  • 競合比での自社の強みや課題だけでなく、アクションベースので改善・強化策や、事前期待とギャップの関係も確認可能。
  • 2015年9月8012s

MAT-kitデータのその他活用方法

オープンAPI化に向けた、生活者360°理解

MAT-Kitの回答とインテージが持つデータベースとを組み合わせて、特定の金融機関や金融商品のユーザー像を描くことが出来ます。
例えば、「●●銀行利用者」や 「●●(商品・サービスカテゴリ)利用者」の乗っている車、住まいや暮らし、時間の使い方、情報リテラシー、といった金融商品以外の様々な意識・消費実態データと組み合わせ、ユーザー・プロファイルを作成いたします。利用者のさらなる理解、アプローチ方法の戦略立案に最適です。
詳しくは、下記リンクにてご覧ください。

360_logo_01.jpg

貴社の課題を解決するマーケティングリサーチをご提案します。

お気軽にお問い合わせください。担当者より、ご連絡いたします。

サービスに関するお問い合わせ