Search

キーワードを入力してください

ID-POS分析

会員データをお預かりし、課題に応じた分析を行うサービスです。
売上を支えるお客様はどのようなお客様か、来店頻度アップの施策効果が高そうなお客様はどのようなお客様か、改善ポテンシャルのある店舗群や売場分類はないか、など流通専門アナリストが分析を行います。

来店のキーとなるカテゴリーは?(食品)

昼は、○○、○○などのカテゴリーで差が顕著。夕夜間は、○○などのカテゴリーで購入額の差がみられます。

セグメント01 量層構造

週1回未満利用の「ライト層」は、売上金額の30%を占めます。
頻度は優良顧客より劣るものの、1回当たりの客単価は優良顧客とほぼ同じ水準です。

インテージのID-POS分析の特長

お客様のヒトトナリを理解する

Genometricsを用い、性年代以外の属性を推定することで理解を深めます

市場対比が可能です

市場比較して、獲得できていないお客様層や伸びしろのあるカテゴリーがわかります

ID-POS分析の活用方法

ストアコンセプト・フォーマット選定の参考に

店舗をグループ化することによって、店舗評価がしやすくなります。
また、改装方向性の参考にすることもできます。

高付加価値型への改装をすべき店舗とすべきではない店舗の判断に!

品揃え・販促施策検討に

性年代だけでは見えにくい好みの違いがわかります。
SKU数を増やすべき商品群がわかります。

お客様が欲しい、また来たいと思う売場づくりの参考に!

貴社の課題を解決するマーケティングリサーチをご提案します。

お気軽にお問い合わせください。担当者より、ご連絡いたします。

サービスに関するお問い合わせ

このページをご覧になっている方へおすすめサービス