Search

キーワードを入力してください

Media Gauge TV
(メディアゲージティーヴィー)

日本全国約72万台のスマートテレビと約63万台の録画機を対象とした
テレビ視聴計測サービス

日本全国を調査対象に、月あたり72万台のスマートテレビと63万台の録画機から収集された視聴ログデータです。都道府県ごとのエリアマーケティングや、テレビCMのプランニングやバイイングにご活用いただけます。

Media Gauge TV ロゴ

Media Gauge TV 無料サンプルダウンロードバナー

Media Gauge TVの特長

都道府県別、市区町村別でテレビ接触率を分析することができます

従来のパネル調査のサンプルサイズでは難しい、都道府県単位、市区町村単位での分析ができます。

収集しているデータから日本全国のテレビを母集団として推計しています

例)大河ドラマ 西郷どん 都道府県別接触率

例)大河ドラマ 西郷どん 都道府県別接触率イメージ図

例)プロ野球 広島東洋カープ戦 市区町村県別接触率

例)プロ野球 広島カープ戦 市区町村県別接触率イメージ図

15秒単位でテレビ接触率を分析することができます

番組やCMのメタ情報と照合することで、CMごとの接触や、放送シーンごとの流入流出など詳細な把握が可能です。

メタ情報が別途必要です。インテージからもご提供可能です。

例)アニメ映画 時間帯別接触率

アニメ映画 時間帯別接触率イメージ図

タイムシフト視聴も分析することができます

全国の録画機から収集している視聴ログをもとに、タイムシフト視聴も分析可能です。
それにより、例えばジャンル別や番組別のリアルタイム視聴とタイムシフト視聴の傾向などを分析することができます。

テレビ番組別 リアルタイム視聴・タイムシフト視聴傾向

テレビ番組別 リアルタイム視聴・タイムシフト視聴傾向イメージ図

BIツールにデータを連携して分析することができます

INTAGE connectを通し、簡単に自社利用のBIツールやCRMツールなどとデータ連携がして活用することができます。
CM出稿データや販売データなどと統合して分析することで、よりタイムリーな施策への反映が可能です。

mg_fig_22.jpg

Media Gauge TVの活用方法

広告主様の場合

背景・課題
  • 4月の改編期に向けて、広告会社からゴールデンタイムのドラマ枠の継続契約を提案されている
  • しかし、他番組や多局のデータがよくわからないため、宣伝部長Xはタイムの継続契約をどうするか迷っていた
Media Gauge TVの活用
  • Media Gauge TVを導入し、タイムシフト視聴を分析した
  • すると、ドラマはタイムシフト視聴が高く再生率も高く、当該番組は特にCMスキップ率が低く、想定以上にターゲット効率が高いことが判明した
効果
  • ターゲットに届いていることが確認できたため、納得して継続契約の判断をした
  • また、それ以外にもターゲット効率が高く比較的安価に出稿が可能な情報番組の枠も発見し、新規契約の検討を進めることにした

テレビ局の場合

背景・課題
  • B県は、個人視聴率が調査されていないエリアである
  • 自社番組もそれなりに制作しているローカルA局の編成部長Yは、より県民性にあった編成があると考えており、キー局と横並びの編成に疑問を持っていた
Media Gauge TVの活用
  • Media Gauge TVを導入し、ローカルエリア分析を行った
  • その結果、全国と比べて、教養要素の少ない明るく元気なバラエティ番組がよく見られていることが判明し、メイン視聴者であるF2,F3は特にその傾向が強いことがわかった
  • 他のローカルエリアと比べて、ネット番組よりも自社番組がよくみられていることも判明した
効果
  • 編成部長Yは、自社制作のバラエティをより増やし、それをゴールデンタイムに近いローカル枠に編成する方針を打ち出したところ、高い視聴率を獲得することに成功
  • メディアの価値を高めることで、広告枠を営業がしやすくなった

Media Gauge TVの測定方法と視聴ログデータイメージ

複数メーカーと提携してスマートテレビと録画機からリモコン機器操作ログを収集し、下記イメージの視聴ログデータをご提供します。

Media Gauge TVの測定方法と視聴ログデータイメージ図

全国CMマスタ構築を開始

インテージは、全国CMマスタ構築の第一歩として、全国47都道府県の地上波デジタル放送で放映されている、テレビCMの出稿時点リストの構築を開始しました。

テレビCMの出稿時点リストの特徴として、

①指定のTVCMが、47都道府県のどの地上波デジタル放送局で、いつ放映されたかの一覧作成が可能になります。自社、競合社のCM出稿状況をエリア別に確認することができます。

②インテージから提供している 購買データ、販売データ(SCI、SRI)で、現在お使いいただいている商品マスタと連携し、販売実績とテレビCM放映実績の紐づけが容易になります。

③いつ放映されたかだけでなく、同粒度(エリア・時間)Media Gauge TVのスマートTV視聴ログと組み合わせることができ、接触台数(何台のテレビでそのCMが流れたか)、接触回数(同じテレビで何回流れたか)といった指標で、可視化することができます。

当該サービスは、2018年10月に開始予定です。

スマートテレビとは?

スマートテレビの定義

スマートテレビとは、従来のテレビにインターネットの機能を加えたものです。それにより、地上波やBS/CSといったテレビ放送に加え、インターネット配信のオンデマンド放送やネット動画など、これまでパソコンやスマートフォンで視聴していた映像コンテンツを自宅のテレビで楽しむことができます。またそれ以外にも、アプリケーションの追加による機能の拡張や、ホームネットワークを介した各種機器との連携などが可能です。

ここでは、Media Gauge TVで視聴ログを計測している「スマートテレビ」について、浸透の実態や、視聴ログと視聴率の違いをご紹介します。

スマートテレビのインターネット接続率

2018年3月のIXT スマートTV母集団調査によると、インターネット接続率は約7台に1台。

日本人口を100%としたとき、TV保有者は97.6%。インターネット接続率(台数ベース)は15.1%

これからのスマートテレビ

新規購入のテレビは、約3台に1台がインターネットに接続されており、スマートテレビは年々着実に増えています。今後、一般的なTVの普及率に近づくと考えられます。

新規に購入したテレビのインターネット接続率の推移

新規に購入したテレビのインターネット接続率


出典:2018年度 「IXT スマートTV母集団調査」結果

スマートテレビ視聴ログデータとモニター調査

スマートテレビでは、機器から視聴のログを収集することが可能となります。 スマートテレビ視聴ログデータは、いわゆるビッグデータのひとつです。 テレビ番組がどれくらい視聴されたかを表す視聴率などに代表されるモニター調査と比べると以下のようになります。

スマートテレビ視聴ログデータ

スマートテレビ視聴ログデータのイメージ図

  • データ収集可能なスマートテレビの全ログデータ
  • サンプル数が圧倒的に多い
  • 細やかなエリアやBS・CSなど視聴者の少ないチャンネルのデータをみることができる
  • データがスマートテレビユーザーに偏る
  • 個人視聴率が整備できていない

モニター調査

モニター調査のイメージ図

  • 無作為抽出によるサンプル調査
  • コスト面からサンプルサイズに制限がある
  • 調査エリア・チャンネルが限定される
  • 広告取引のデータとして使われている
  • 個人視聴率が整備されている

Media Gauge TV 無料サンプルダウンロードバナー

貴社の課題を解決するマーケティングリサーチをご提案します。

お気軽にお問い合わせください。担当者より、ご連絡いたします。

サービスに関するお問い合わせ

このページをご覧になっている方へおすすめサービス

関連資料・調査レポート