Search

キーワードを入力してください

SCI(全国消費者パネル調査)

全国15歳~79歳の男女52,500人の消費者から、継続的に収集している日々の買い物データです。
消費者の顔を詳細に捉え、消費者を起点としたブランドマーケティングや店頭マーケティングにご活用いただけます。

Point

購買履歴データ、豊富なプロファイルデータ、オプション調査を用いて、セグメンテーションからターゲットの設定、アプローチ方法の検討、施策実施後の評価まで行うことができます。

誰が
性別・年代・職業など37種類のデモグラフィック属性データと、人生観、食意識、健康意識、買い物意識、情報感度など11テーマの意識データ、アドオンリサーチで付与できるカテゴリー意識やブランド評価情報
いつ
買物をした日付と時間
どこで
買物をした店舗のチェーン名称
何をいくついくらで
300品目にわたる消費財に関する、SKU単位での購入量、購入金額情報
INTAGEが独自に収集した多様な切り口の商品属性データ

SCI(全国消費者パネル調査)の特長

高いデータ精度

徹底した品質管理に基づき52,500人の安定したデータを提供。

多様な切り口での市場分析・店舗分析が可能

独自に構築した商品マスターや店舗マスターを買物データに紐づけて、多様な切り口での市場分析や詳細な店舗属性での分析が可能。

シングルソース分析が可能

買物データと意識や行動を紐づけた分析や、i-SSP®(メディア接触パネルデータ)等とのシングルソース分析も可能。

小売店パネルと組み合わせた分析が可能

市場の動向を店頭(SRI)と購買(SCI)の両面から多角的に把握・評価が可能。

SCI(全国消費者パネル調査)の調査概要

モニターが携帯端末で購入した商品のバーコードをスキャンし、インターネット調査画面から、その商品を購入したチャネルや個数・金額などを入力することで、誰が・いつ・どこで・何をいくついくらで購入したのかが分かります。

対象者 全国15歳~79歳の男女52,500人
エリア 全国(70代は沖縄除く)
対象者数 設計52,500人(2017年5月~)
設計50,000人(2012年1月~)
設計26,810人(2011年4月~12月)
設計20,110人(2010年4月~2011年3月)
データ収集方法 インターネット調査(バーコードスキャン方式)
2013年8月より従来のPC方式に加え、スマートフォン対応(マルチデバイス対応)を開始しました。
対象カテゴリー

食品、飲料、日用雑貨品、化粧品、医薬品、タバコ

  • 食品は、生鮮・惣菜・弁当を除く
  • 家庭内消費に限らず、屋外消費を含む
  • バーコードが付与された商品のみ
調査項目 バーコード、購入日時、レシート合計金額、購入チャネル
(バーコードをスキャンした商品の)購入金額、購入個数
付帯調査項目(飲料温度帯など、商品・購入チャネル・時期などによって異なる)
報告データ 100人あたり平均購入規模、購入率、購入者当たり購入規模、マーケットシェア など
報告サイクル 月次、週次(速報)
提供形態 提供ツール「iCanvas」、Excel集計表、分析レポート など

SCI(全国消費者パネル調査)の活用方法

ターゲット戦略立案のため、自社商品購入者の特徴を把握

様々な切り口で、消費者の顔が理解できる。

自社商品の売上が落ちた要因を把握し、今後の対策を検討

買い物行動の構造を知り、その要因に応じた対策ができる。

消費者を購買実態などで分類し、ポテンシャルのある層を把握

セグメントの市場規模とその中での自社ポジションから、ターゲットの価値が判断できる。

各消費者セグメントにおける自社ポジション

顧客の構造変化をチェックし、早めにアラームを察知

同一モニターの行動変化に起因する構造を追うことで、アラートが発見できる。

ユーザー構造推移

オプションサービス vois

3つの手法でモニターの意識を捉え、購買行動の背景にある「消費者の顔」を明らかにします。

3つの手法

提供ツール iCanvas

「誰もが、すぐにはじめられるマーケティングデータ活用」

iCanvasは、パネルデータ(小売店販売データ・消費者購買データ)を統合的に活用するための提供ツールです。データの知識、複雑な設定、面倒な操作は不要で、多様な視点・切り口に応じてあらかじめ用意されたビジュアルテンプレートを自由に組み合わせ、簡単にデータ分析ができます。

貴社の課題を解決するマーケティングリサーチをご提案します。

お気軽にお問い合わせください。担当者より、ご連絡いたします。

サービスに関するお問い合わせ

このページをご覧になっている方へおすすめサービス

関連資料・調査レポート