Search

キーワードを入力してください

アパレル・ファッション

アパレル・ファッション業界は今、消費嗜好の多様化と目まぐるしい変化など、さまざまな課題への対応・意思決定の早期化が求められています。インテージグループは、アパレル・ファッションビジネスで発生する様々なマーケティング課題に対して、ブランド戦略(ブランドシフト)、生活者360度理解(生活者ファースト)のためのデータ解析、各種リサーチ手法を用いたソリューションの提供を通じて、お客様の迅速な意思決定と更なるブランドの成長と新たな展開に対して多面的にサポートしています。

インテージ独自保有
国内最大リサーチ母数
758万人
ブランド行動補足モニタ数
3万人
調査対象のブランド実績
250企業

インテージの特長

国内最大規模のモニターリソース

大規模なモニターリソースは、レアなサンプル抽出にも対応可能。マス/ニッチ市場を問わず、マーケティング課題の実態把握・理解をご支援致します。 近況(直近3か月の出来事/今後3か月の予定)を聴取しているサブパネル等と組み合わせての利用も可能です。

消費者の情報行動を可視化

消費者一人一人のメディア接触ログにアンケート結果を組み合わせることで、検討プロセスから購入後の情報発信に至るまで、オンライン/オフラインの一連の情報行動が把握可能です。 広告のプランニングや自社サイトの改善などにご活用いただけます。

ブランド健康診断

人が定期的に健康診断を行うように、ブランドにも定期的な健康診断が必要です。ブランドコア層が求める変えてはならないブランドロイヤリティ(強み)や新規顧客の取り込みのためのブランドエクイティ(資産)の定期点検と今後のアクション施策を提示します。

店舗評価

店舗利用時の評価がロイヤリティ形成には重要なポイントです。顧客満足度調査(CS)と従業員調査(ES)によるGAPの把握や、一般のお客様に扮した調査員がお店を利用して接客等を評価するミステリーショッパー等によって問題点の洗い出しを行い、今後の改善に活かします。

こんな課題ありませんか?

生活者ニーズや購買チャネルを理解し施策を打てていない

ブランドに対する認知やイメージが把握できていない

顧客理解が不十分で何が寄与するのかがわからない

インテージにお任せください! 解決へのアプローチ・効果

豊富な生活者のデータを基に、ブランドの顧客構造やブランド資産を明らかにし、ブランドの周辺要素がどの程度ブランドロイヤリティに寄与しているかを測定します。また、定性手法も用いてブランドロイヤリティの原点となった体験を抽出するなど、従来型のアンケートやインタビューに加え、消費者のメディア接触ログや位置情報も併せた生活者360度理解に基づく分析で、マーケティングのプランニングから実行まで幅広くご支援いたします。

サービスのご提案

貴社の課題を解決するマーケティングリサーチをご提案します。

お気軽にお問い合わせください。担当者より、ご連絡いたします。

サービスに関するお問い合わせ