Search

キーワードを入力してください

マーケティング用語集消費者パネル調査とは

消費者パネル調査とは、多くの消費者をパネル(ここでは窓などの枠を意味します)として固定し、同じ項目の情報(データ)を継続的に収集する調査のことです。 選出された消費者に毎日購入している商品のブランド、数量、価格、店などを記録してもらうのが代表的な調査手法で、 「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「いくらで」「いくつ」買ったのかといったデータが蓄積されます。

消費者パネル調査でわかること

カテゴリーやブランド、アイテムの購入実態を継続的に捉え、以下のような指標で消費動向の把握やブランド評価、課題抽出に繋げます。

  • 商品やカテゴリーの「購入率」「購入者による購入量」「購入者による購入頻度」「購入チャネル」といった『買い方の実態』を表す指標
  • AブランドからBブランドにスイッチした人がどのくらいいるか、どのくらいの人が併買しているか、といった『消費者の中の競合実態』を表す指標
  • どのくらいトライアルがついたか、そのうちどれだけがリピートに繋がったか、という『商品の浸透実態』を表す指標

関連サービス

関連資料・調査レポート

インテージが開催するインターンシップのご案内
アンケートモニター キューモニター
インテージ知るギャラリー
海外生活者の'リアル'をお届けするサイト Global Market Surfer

マーケティングリサーチの手法や特徴、最新動向など基礎~実践までのノウハウが学べるセミナーを随時開催中です