Search

キーワードを入力してください

マーケティング用語集多段抽出法とは

標本の抽出を複数の段階で行う方法を多段抽出法といいます。

例えば、全国の世帯を対象として調査を行う場合、まず全国からいくつかの市町村を無作為に抽出し(第一段)、次にその市町村内で地点を無作為に抽出し(第二段)、さらにその中で世帯を無作為に抽出します(第三段)。

多段抽出法の最大のメリットは、対象者を訪問面接する際に、対象者が地点ごとにまとまっているため、調査員の移動距離が少なく、効率的に調査ができることです。

関連サービス