Search

キーワードを入力してください

マーケティング用語集インターネット広告とは

Webサイトやアプリ、メールなどのインターネットを利用した広告・マーケティング活動のうち、インターネット上のメディア(媒体社)によって用意された有償の広告枠に掲出されるものをいう。略して「ネット広告」あるいは「オンライン広告」とも呼ばれる。広告とは、マーケティング活動の一つで、明示された広告主が対象となる消費者に商品やサービスなどの情報を告知し、望ましい態度や行動を形成する目的で、有料の媒体を介して行うコミュニケーション活動をいう。インターネットにおいても同様の定義で用いられる。

出典:インターネット広告の基本実務(インターネット広告基礎用語集)2016年度版
発行者:一般社団法人日本インタラクティブ広告協会(JIAA)新しいウィンドウで開く

おすすめのコンテンツ:

【入門】Web・ネット広告の種類一覧&効果・費用感をわかりやすく解説