Search

キーワードを入力してください

品質に対する取り組み

インテージでは、「モニターの品質管理」「実施調査の品質管理」「システムによる品質管理」を適切に行うことで、高品質なインターネット調査をお約束します。

実施調査の品質管理

インテージは、マーケティング・リサーチの専門機関として培った豊富な調査実績とデータの検証調査結果から、調査画面作成にとどまらず調査の実施全般に対し、回答精度を高めるためのご提案に努めております。

1.調査票作成における品質管理

調査票の構成、質問文・選択肢の表現、回答指示、選択肢の網羅性は、調査結果データに大きな影響を与えます。
インテージでは、長年に渡り幅広いアドホック調査で培った知見・ノウハウを持ったスタッフが、経験と知識を活かし、お客様の調査票作成をサポートいたします。
調査票チェック後、修正が必要な場合は、お客様に修正のご提案をさせていただきます。
ここでは、よくある調査票修正提案内容をご紹介いたします。

適切な回答形式

質問内容が回答形式に合っていないと、正確な回答を得ることができません。回答場面を想定して適切な回答形式を選択することが重要です。

選択肢の網羅性

選択肢は、その質問の回答対象者が必ず回答できるよう考慮して作成する必要があります。代表的な選択肢が不足していると、「その他」や「この中にあてはまるものはない」回答を増加させたり、回答中止者を増やす可能性があります。

選択肢の独立性

ひとつの質問に対する選択肢に重複する部分があると、正確な回答データは得られません。
各選択肢の示す意味に重複がないよう、注意する必要があります。

専門用語の変換

一般的ではない専門用語や業界用語があると、その用語を知らない人にはわかりにくい質問となり、正確な回答データを得ることができなくなります。
専門用語・業界用語は一般的な用語に変換する、あるいは注釈で補足説明を加える必要があります。

十分な回答指示

回答指示が不足していると、各対象者が独自の解釈で回答するので、質問の意図にあった回答データを得られないことがあります。
適切な指示を行うことが重要です。

わかりやすい表現

質問文や選択肢におけるあいまいな表現は、同じ質問でも、対象者により異なるニュアンスで伝わる可能性があります。
調査票上の表現は、できるだけわかりやすくすることが重要です。

1質問1論点

ひとつの質問に2つ以上の論点を入れると、対象者の混乱をまねいたり、回答データの意味が曖昧になって意思決定に使えない場合があります。
ひとつの質問ではひとつの論点を扱うよう注意が必要です。

2.調査画面制御による品質管理

ネットリサーチでは、調査画面上で適切な画面制御を行うことにより、回答データの精度を高めることができます。
インテージでは、多様な画面制御を可能にすることで、精度の高い回答データの提供に努めています。

必須回答機能

対象者が質問に答えていない場合、エラーを表示し、必ず回答してもらう機能です。

選択数上限指定機能

複数回答の質問で回答数の指定、回答数上限の指定が可能です。

排他矛盾チェック機能

複数回答質問で、他の選択肢と同時に選択すると回答矛盾となるような選択肢を排他設定することができます。
選択肢を選択すると、排他設定された選択肢は選択できなくなります。

選択肢絞り込み機能

前の質問で選択されたものだけ、次の質問で選択肢として表示する機能です。

条件による質問表示制御機能

前の質問の回答内容により、質問表示を制御する機能です。
不要な質問を表示しないことで、余分な回答を排除し、モニターの回答負荷も軽減します。

回答内容チェック機能

回答内容に矛盾がある場合、エラー表示で回答の訂正を促します。

選択肢ランダマイズ

選択肢が多いと後ろのものは選ばれにくいという傾向を抑えるために、回答者ごとに選択肢をランダムに表示、または選択肢をグループ化し、各グループ内で表示をランダムにすることも可能です。

質問(ページ)ランダマイズ

質問提示順の順序効果による偏りを避けるために、質問(ページ)の提示順をランダムにすることができます。

回答内容の引用表示機能

前の質問で対象者の回答した選択肢を、次質問の質問文や指示文に引用表示する機能です。質問内容をより具体的にイメージして回答してもらうことができます。

調査画面のカスタマイズ機能

質問文で強調したい箇所を赤字にしたり、選択肢が多い質問では、選択肢間に小見出しを入れて区切るといったカスタマイズが可能です。
わかりやすく、答えやすい調査票を作成することができます。

3.調査実施における品質管理

調査実施において、「調査票作成」や「調査画面上のコントロール」が重要なことは言うまでもありませんが、この他にも「モニター抽出」「アンケート依頼メールの配信」「データ集計」といった、数々の重要な工程が存在します。

これらの工程では、調査のご依頼から集計結果のご納品までの各工程をミスなく行うために、独自の「業務工程チェックシート」を利用しています。
また特に重要な工程に関しては「第三者によるダブルチェック」を行い、お客様に安心して調査をお任せいただけるよう、常に努力しております。

業務工程チェックシート

調査の実施にあたっては、これまでの経験から培ったノウハウを集結して作成した「業務工程チェックシート」を利用し、実施調査全体の品質管理を行っております。

第三者によるダブルチェック

特に重要な工程では、第三者によるダブルチェックを実施しています。
人間は、自分自身の思い込みや勘違いに気がつきにくい場合があり、それが思わぬミスにつながる可能性があります。
チェック工程においては、インターネットリサーチ経験の豊富な第三者が、先入観のない目でチェックを行うことにより、思い込みや勘違いによるミスを未然に防いでいます。

4.データ検証調査結果におけるサポート

インテージでは、インターネット調査の特性や、従来の調査手法との比較など、各種検証調査を実施しており、品質の向上に努めています。以下は、実施した検証調査の一部です。
インターネット調査について疑問がございましたら、できる限りお答えいたしますので、お気軽に営業担当までお問い合わせください。

  • 同一項目を調査する場合の適切なインターバル検証
  • インターネット調査と訪問面接調査、郵送調査の回答傾向の比較検証
  • 大ボリューム調査に関する検証
  • インターネット調査モニターの行動特性の確認検証
  • マルチデバイスにおける短時間回答ロジック検証 など

品質に対する取り組み

貴社の課題を解決するマーケティングリサーチをご提案します。

お気軽にお問い合わせください。担当者より、ご連絡いたします。

サービスに関するお問い合わせ